竹井佑介 過去に2度も改名した理由とは

竹井佑介
口コミ評価:
1
1 (1件)
竹井佑介とは:

1980年7月11日、熊本県天草生まれ。FX投資家、FXセミナー講師、社会投資家。現在は、世界中に投資しながら、投資普及活動、社会貢献活動に努めている。著書「The Money」

目次

FX投資家「竹井佑介」にネガティブ評価多数

FX投資家「竹井佑介」が監修するFXやその他のサービスは利用しない方が身のためかもしれません。

 

・LTC(LINEトレードコミュニティ)
・2020プロジェクト(2020project)
・FXミリオネアアカデミー
・ソーシャルインベスターアカデミー
・幸せの定理(DMMオンラインサロン)

 

竹井佑介の経歴を過去に遡って徹底的に調べ上げた結果、天皇陛下から「紺綬褒章」を授与された人間とは到底思えない実態の数々が明らかになったのです。

 

更に、竹井佑介が監修するサービスを実際に利用したユーザーからの口コミ評価や評判は、『騙された』や『詐欺』など、ネガティブな内容が大半を占めていたのです。

 

この状況を野放しにしていたら、被害網は拡大の一途を辿る気がして仕方ありません。そこで、「竹井佑介」の悪事や、竹井佑介に対するクレームを全て晒し、注意喚起ができればと思います。

 

 

FX投資家「竹井佑介」の経歴

まずは、竹井佑介が自称している経歴から簡単に紹介していこう思います。

FXトレードを始めて2年で月収1,000万円を達成し、17年以上トレード市場から退場することなく稼ぎ続けるFXトレード講師。学費を稼ぐために元金3万円からFXをスタートし、2015年1月にはスイスショックにより1日で3500万円以上稼ぐ。現在はアメリカ、ロシア、フィリピンを中心に世界中に投資。他業種の起業と分社化、2つの日本最大規模の投資アカデミーの設立と勢力的に活動。ひとつの会社は一部上場企業からの出資を受け、上場に向け邁進中。稼いだお金で教育格差を無くすため北海道家庭学校、DAREDEMO HEROはじめ国内外の教育施設、および世界中の被災地へ寄付。地元貢献により、2015年12月紺綬褒章を受章。モットーは「投資を通して人々を幸せに」著書「The Money」

経歴だけ見ると、FX投資家として稼ぐスキルを持ち、社会貢献活動を行いながら、ビジネスも手広く展開している「スーパーサイヤ人」のように映るかもしれません。

 

しかし、実態は「フリーザ(極悪)」に近いと考えておいたほうがいいでしょう。

 

 

FX投資家「竹井佑介」は偽名で悪事を働いていた

現在、竹井佑介という名前で数々の会社を立ち上げ、トレーダー、セミナー講師として活動していますが、以前は「竹井雄介」や「竹井雄亮」など、偽名を名乗って活動していました。

 

「竹井雄介」の名前で活動していた時は、同氏がウェブマーケティング事業を営みだした初期の頃。

 

「ジュネスグローバル」という名前で、化粧品の販売などを行っていましたが、薬事法違反の疑いが多方面から噴出するなど、口コミ評価や評判は最低だったようです。

 

「竹井雄亮」の名前で活動していた時は、「スカイクエストコム」のセミナー講師として数々のセミナーに登壇し、同社が上場すると謳い、未公開株を勧誘して購入させていたようです。

 

しかし、結局スカイクエストコムは上場せず、莫大な収入を得てトンズラしたようです。分かりやすく言うと、「IPO詐欺」ってやつですね。

 

ちなみに、スカイクエストコムのセミナー講師として登壇していた人間は全員偽名を名乗っていたようで、はなからトンズラする気満々だったことが分かります…。

 

▼偽名を指摘する書き込み

偽名を指摘する書き込み

 

 

FX投資家「竹井佑介」はなぜ偽名を名乗っていたのか?

竹井佑介が偽名を名乗っていた理由は、最初から悪事を働く前提だったからとしか考えようがありません。

 

「ネットタトゥー」と表現されるように、本名で悪事を働くと、ネット上に一生残ってしまいます。これはあくまで憶測ですが、今後の活動に支障が出るリスクを計画的に回避していたのかもしれません。。

 

ただ、欲をかいてネットビジネスを継続し、竹井佑介という本名で活動しているがゆえに、ネット上でボロカスに叩かれ、歯止めがかからないのが現状です。

 

悪事を働いた過去を少しでも軽減するためなのか、自分への戒めなのか。社会貢献活動をすることで好感度をアップしようと必死な印象さえ受けてしまいますね。

 

 

FX投資家「竹井佑介」の口コミ評価・評判

竹井佑介が監修するサービスの口コミ評価評判を調べると、まさに“クレームの嵐”でした。

竹井佑介は年金暮らしの老人から貴重な財産を奪い取る鬼のようなサイト。安全な投資話を装って箸にも棒にも掛からぬ情報を売りつける竹井佑介には必ず天罰が下ると思う。

198000円の専門学校と挿画を流し、オハナというサクラで勧誘した。入金後オハナは連絡がつかなくなり、いきなり連絡手段がつかめなくなる。その後、オハナは営事務局の人間だとはっきり竹井氏も拓さん氏も挿画で認め謝罪している。今はサポートの、ソーシャルインベスターの講師が同じように連絡がつかない状態の会員がいる。その数が多いと思われている。

竹井祐介は詐欺師です。騙されないでください。過去にIPO詐欺をして多くの信者からお金を奪って、そのお金で六本木ヒルズに入居したゴミ屑です。FXで勝ったお金ではなく、IPO詐欺したお金で豪奢な暮らしをしています。

▼口コミ評価・評判の要点まとめ
・お年寄りを騙して資産を食い潰し
・サクラを利用して勧誘
・IPO詐欺で騙し取ったお金で豪華な暮らし

 

上記が事実ならば、詐欺師以外の何ものでもありませんね。

 

 

FX投資家「竹井佑介」のTwitter・YouTube・Facebook・ブログ

竹井佑介は、Twitter・YouTube・Facebook・ブログを利用して情報を発信しています。それぞれのツールでどのような情報を発信しているのか、簡単にまとめてみました。

 

[1]Twitter
「竹井佑介(ゆうちん)」という名前、「@takeiyusuke」というアカウント名で運用。FXトレードに関する内容や、気になるニュースなどを中心にツイート。フォロワーは約4800名。※2020年1月

 

[2]YouTube
「竹井佑介」というチャンネル名で運用。「幸せや富の拡大に役立つ内容を提供する」らしい。新着動画のアップは1ヶ月以上空くこともあったりなど、まちまち。チャンネル登録者数は約4400名。

 

[3]Facebook
「社会投資家 竹井佑介 Social Investor Yusuke Takei」という名前、「@fx.takeiyusuke」というアカウント名で運用。社会貢献活動に関する内容を主に投稿。更新頻度はTwitterより圧倒的に低め。

 

[4]ブログ
「ゆうちんのFX!」というブログ名で運用。自社サービスの宣伝、YouTubeやTwitterへの誘導がメイン。更新頻度は1ヶ月に1~4回程度。1回も更新されない月もある。

 

 

FX投資家「竹井佑介」の総合評価

竹井佑介が「社会投資家」という肩書きをしきりに名乗っている理由がよく理解できました。徳の高い人間ということをユーザーに刷り込み、サービスの購入に繋げようという魂胆なのでしょう。

 

こういうことを書くと、「お前は社会貢献活動をやってないのに偉そうにするな」などとほざく竹井佑介の擁護派も出てくるでしょうが、何の見返りを求めることなくウェブサイトを立ち上げ、竹井佑介のような人間を晒すことこそが、まさに社会貢献活動。

 

竹井佑介のように騙し取ったお金を使い、いやらしく社会投資家ぶる人間よりもよっぽど世のため、人のためになっていると自負しています。

 

話が逸れましたが、兎にも角にも竹井佑介が関連するサービスがオススメできない理由は十二分にご理解いただけたかと思います。

 

▼竹井佑介関連サービスの検証記事はコチラ

・LTC(LINEトレードコミュニティ)
・ミリアカ

 

▼管理人がオススメするFX商材はコチラ

・マネーパートナー

 

\ 記事をシェアする/
Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on linkedin
Share on email

オススメ副業商材

RECOMMEND

\ 管理人厳選 /

自信を持っておすすめできる副業商材です。様々な項目を設けて厳しく検証した上で安全・稼げる副業商材に認定しています。

げる副業商材

マネージョブ(MONEY JOB)

スキマ時間に出来るスマホ副業で月収100万円を実現した次世代の副業がついに解禁!副業初心者でも知識・経験無しで即日収益が出る驚愕の副業内容とは何か?これまでの副業の常識を覆す衝撃の内容を刮目せよ!

>>詳しく見る

竹井佑介の口コミ・評判一覧

竹井佑介への口コミ・評判

評価: 1
投稿者名:せいや

散々悪いことして金を稼いで、ある程度金が貯まったら、ボランティア活動とかして良い人ぶる。竹井佑介も中神あきらも似た節がある。こういうやつらを真のペテン師という。

コメントを残す