大沢優美のカフェトレは他社商材のパクり

カフェトレ
口コミ評価:
(0件)
カフェトレとは:

「大沢優美」が監修するFX商材。FX初心者がとつぜん月収250万円超を狙えるインジケーターを使わない15分足デイトレ。魔法のカタチで、あの人もこの人も利確し放題。

目次

「カフェトレ」は関わらない方が良いFX商材

カフェトレ」は、「大沢優美」という女性投資家が監修するFX商材です。綺麗で若い女性が監修している時点で男からすると興味を惹かれますが、このFX商材、関わらないほうがいいかもしれません

 

検証の結果、甘い蜜の香りに誘われてホイホイと利用したら、骨の髄まで資産を吸い尽くされかねない「ラフレシア商材」の可能性が浮上しました。

 

 

「カフェトレ」はコピー商材だった?

「カフェトレ」のセールスレターを見て、「見覚えのあるデザインだな…」とすぐに感じました。

 

カフェトレ

 

そこで、過去に検証したFX商材のセールスレターを片っ端から確認していくと、デザインだけではなく、キャッチコピーまで酷似しているFX商材を見つけ出すことに成功。

 

私が見覚えのあったFX商材は「ゲイスキャFX」でした。

 

ゲイスキャFX

 

「カフェトレ」を販売しているのは「株式会社Truth」という会社で、「ゲイスキャFX」を販売しているのは「クロスリテイリング株式会社」という会社です。

 

別の会社が販売しているのにもかかわらず、なぜこのような事が起きるのか?そんなの、どちらかの会社がセールスレターをパクっている以外、考えられないでしょう。

 

犯人を捜す方法は超簡単。どちらが先に販売開始したFX商材なのか調べるだけです。

 

まず最初に「ゲイスキャFX」の販売開始年月日を調べてみた結果、「2019年5月15日」ということが判明。ソースは「FX情報商材検証レビュー.com」というサイトです。

 

「カフェトレ」は明確な販売開始年月日を突き止めることができなかったものの、ドメイン取得年月日を調べた結果「2019年12月10日」だったので、「ゲイスキャFX」より遅く販売が開始されたことが分かります。

 

つまり、セールスレターのデザインをパクった犯人は「株式会社Truth」で確定です。

 

「他社のセールスレターをパクるなんて、お前らにはプライドというものが無いのか!」と詰め寄りたくなりますが、「株式会社Truth」には何を言っても響かないかもしれません。

 

「株式会社Truth」について調べてみると、似たような商材を量産して「数打てば当たる作戦」で利益をあげている会社だったからです。

 

 

FX商材「カフェトレ」の運営会社

「カフェトレ」の運営を行っている「株式会社Truth」を検証してみると、転売、投資関連の情報商材をこれまでにいくつも販売していることが分かりました。

 

私が調べた範囲だけで下記14個もの情報商材が見つかっています。

 

・<PayPayを使った新感覚手法>いーぺい輸出 ※転売
・YahooJAPAN量産ビジネス ※転売
・ぱらリサ ※転売
・アマヤフ3.0 ※転売
・新令和流収益システム ※転売
・ヤフーショッピング無在庫ビジネス ※転売
・たった1~2時間でどんな未経験者でも5日後に5万円以上 ※転売
・Y!オーナーCLUB ※転売
・eオーナービジネス ※転売
・年商1億円ビジネスプロジェクト ※転売
・神アカBusiness ※転売
・NEXUS(ネクサス) ※FX
・FLASH(フラッシュ) ※FX
・跳ねトレ! ※バイナリーオプション

 

口コミ・評判を検証してみると、「株式会社Truthは稼げない副業商材をいくつも販売している会社」としてネット民の間ではそれなりに知名度が高いようです。

 

つまり、質の低い情報商材を量産して「数打てば当たる作戦」で利益をあげている会社、という実態が浮かび上がってきます。今回検証しているパクりFX商材「カフェトレ」がまさに良い例ですね。

 

「株式会社Truth」に社名変更履歴あり

法人情報を調べてみると、「合同会社Truth」という法人名で2017年6月15日に新規法人番号の指定を受けています。しかし、指定されてからわずか4ヶ月後の2017年10月24日に「株式会社Truth」に社名を変更していました。

 

株式会社Truthの法人情報

 

「合同会社」から「株式会社」への組織変更は、「登記関連の手続きの中でも最も大変で面倒」や「会社を廃止して新設するのと変わらない」などと言われており、素人では絶対にできない手続きです。

 

となると、必然的に司法書士に手続きを依頼することになりますが、手続きには2ヶ月程度の期間を要し、費用は20~30万円もかかります。

 

会社設立後すぐに莫大な費用と手間を掛けて組織変更をするなら、最初から「株式会社」で始めればよかったのものを、なぜ「合同会社」で始めたのか?

 

何か裏事情があったのかもしれませんが、ハッキリ言ってやっていることがバカ丸出しです。

 

「株式会社Truth」の所在地

「株式会社Truth」が2019年7月30日に本店所在地を変更していることも判明しました。

 

▼旧所在地→東京都渋谷区宇田川町6-20-1104

株式会社Truthの旧所在地

 

▼新所在地→東京都渋谷区千駄ヶ谷3-59-4 401号

株式会社Truthの新所在地

 

それぞれの所在地を調べてみると、旧所在地は「パークアクシス渋谷神南」という賃貸マンションで、新所在地は「クエストコート原宿」という高級賃貸マンションでした。

 

ベンチャー企業が賃貸マンションからオフィスビルに移転する流れはよくありますが、賃貸マンションから高級賃貸マンションに移転する流れは珍しいです。

 

もしかしたら、代表を務めている人間の自宅を本店所在地として登記しているため、引っ越しのタイミングで登記情報を変更せざるを得なかったのかもしれませんね。

 

この運営状況から、規模の小さい会社ということが伺えます。

 

 

FX商材「カフェトレ」の監修者「大沢優美」の経歴

セールスレターのデザインだけではなく、キャッチコピーまでパクっているので、「カフェトレ」のセールスレターに記載されている内容は一切信用できません。

 

そうなってくると、「カフェトレ」の監修者「大沢優美」の実力も疑わしいものです。

▼大沢優美の経歴
大手インテリアメーカー就職後、激務により鬱状態に。自由な仕事に憧れ、フリーライターとなるが、鳴かず飛ばずの毎日。どん底人生を味わい、「好きなことで生きていけない」ことを痛感する。自由な生活を諦めかけていた時に、あるイベントがきっかけで師匠のトレーダーFと出会う。その後、トレーダーFの指導の元、1か月で利益を出し、ダメダメ人生から脱却!「人は自由で生きていける」ことに再度希望を持つ。現在では、トレーダー教育を務める立場になり、カフェトレで、何名もの参加者を稼がせている。また、セミナー等を企画運営し、不定期で説明会も行っている。

セールスレターでは「FX初心者から投資中毒者までこぞって集まるFX講師」と紹介されていますが、今まで嫌になるほどFX商材を検証してきた私ですら初見。

 

誇大ブランディングとしか思えないのが正直なところです。

 

 

FX商材「カフェトレ」の総合評価

「カフェトレ」を検証した結果、競合他社のFX商材のセールスレター及びキャッチコピーを丸パクりしたコピー商材ということが判明しました。

 

パクり元のFX商材を販売するのは「クロスリテイリング株式会社」という超大手。この事実が「クロスリテイリング株式会社」に知れ渡った日には、即刻訴訟に発展するでしょうね。(試しに「クロスリテイリング株式会社」にタレコミしてみようかな笑)

 

こんな手抜き仕事をして販売する「カフェトレ」なんて間違っても利用をオススメすることはできません。当サイトでは【悪徳FX商材】に認定して注意喚起を促していきます

 

\ 記事をシェアする/
Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on linkedin
Share on email

オススメFX商材

RECOMMEND

\ 管理人厳選 /

自信を持っておすすめできるFX商材です。様々な項目を設けて厳しく検証した上で安全・稼げるFX商材に認定しています。

げるFX商材

キャッシュバンク

キャッシュバンクが紹介している副業の内容とは何か?私の元に「キャッシュバンクで稼げた」という口コミ・評判が利用者の方から多数届いているので、キャッシュバンクの公式LINEに登録して「稼げる理由」を探ってみました。

>>詳しく見る
げるFX商材

通貨革命2020

通貨革命2020は優良?詐欺?検証した結果、素人でも2000万円以上稼げる驚愕の全貌が判明。トップクラスの富裕層、通貨革命2020の監修者「水谷悠一」のみが知る、最新金融バブルで稼げるのは今だけ。

>>詳しく見る

カフェトレの口コミ・評判一覧

コメントを残す