【航空】「電気飛行機」の時代は2045年にやってくる。空飛ぶタクシーが高層ビルから高層ビルへww

「これは、すでに大いに進化しています」と、シカゴにあるアルゴン国立研究所のバッテリー科学者、ヴェンカット・スリニヴァサンは言う。バッテリーのエネルギー密度は、毎年2~3パーセントほど向上している。実際、テスラのクルマは毎シーズンごとに走行距離が伸びている。「電子工学ではなく科学の分野なので、ムーアの法則と同等ではありませんが、それでもかなりいいと思います」さらに、バッテリーは液体燃料の量と同じである必要はない。もし現在の5倍の(1000ワット時/kgとなるような)密度に達することができれば、小規模ではあるものの商業用の飛行機として機能するだろうと、アルゴンの交通研究センターディレクターのドン・ヒルブランドは言う。予想される到達時期は2045年だ。

3:
タケコプターの時代は?

10:
>>3
実際にタケコプターを作って頭に装着するわな
首がもげるんやで

4:
反重力装置ってやっぱり妄想の世界なのかね

5:
\(^o^)/オワタな

6:

7:
空飛ぶ三輪車が出たら起こしてくれ

8:
ビルからビルなら地上に出て車の方がよさそうだけどな
屋上に行くって結構面倒だよ

9:
エネルギー密度問題が解決したとしてもプロペラ機なんでしょ?

11:
実現するとしてもドローン型だろうな

プロペラの音が糞煩くて静かな飛行は無理だろうな

19:
>>11
固定翼の揚力を使えない回転翼ドローンはエネルギー効率悪い
実現するとしたらグライダー並みの主翼が必要

12:
アッラーあくばる

13:
落ちて大惨事の予感w

15:
>>13
安心しろ空を飛ぶ物は墜ちたら大抵大惨事だ

20:
>>15
だから嫌なんだよね。こんなの開発しなくていいし
飛行機だってもっと規制してくれていい。

14:
電気自動軍を保有しよう。

16:
そこで燃料電池ですよ

17:
飛びながら空気抵抗を利用して充電出来そうだね

18:
充電池の効率が10倍くらいになればみんな飛ぶ

引用元: http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1501029882/

まる くん
プロペラの音が糞煩くて静かな飛行は無理だろうなww
なな さん
飛びながら空気抵抗を利用して充電出来そうだね!!
スポンサーリンク
ピックアップ記事
8888: ピックアップ 2008/08/08

シェアする

フォローする