【M$の巧妙な罠】Windows Vista終了後の無慈悲な仕打ちとWindows 10初期リリース(1507)のサービス終了のお知らせww

マイクロソフトは2017年4月12日(日本時間、以下同)、当初の予定通り、Windows Vista(Service Pack 2)に対する全ての製品サポートを終了しました。次にサポートが終了するのはWindows 7ですが、まだ3年もあると思っていませんか。それよりも前に、セキュリティ更新提供が終了するWindows...

http://image.itmedia.co.jp/ait/articles/1704/25/l_vol92_screen01.png

http://image.itmedia.co.jp/ait/articles/1704/25/l_vol92_screen02.png

http://image.itmedia.co.jp/ait/articles/1704/25/l_vol92_screen03.png

http://image.itmedia.co.jp/ait/articles/1704/25/l_vol92_screen04.png

Windows Vistaにおいて、Microsoft Security Essentialsはもはや無用の長物です。早急にアンインストールしましょう。Windows Vistaに標準搭載される「Windows Defender」を有効化すれば、こちらはいまのところ定義ファイルの更新を引き続き受信できるようです。ただし、Windows Vista(およびWindows 7)に標準搭載されているWindows Defenderはスパイウェア対策機能しか持ちません。Microsoft Security Essentialsを使用していたWindows Vistaユーザーの方は、別のマルウェア対策ソフトを導入するべきですが、それ以前にWindows Vistaを使用しない方法を早急に考えましょう。

2:
>>1 から続く

2020年終了のWindows 7ではなく、2017年5月終了のWindows 10 バージョン1507

Windowsの製品サポートは、事前に公表されている「サポートライフサイクルポリシー」(途中で変更されることもありますが)に従って粛々と行われます。
2014年4月のWindows XP、2017年4月のWindows Vista、そして次は2020年1月15日(日本時間)のWindows 7の番と考えている人は多いと思います。実は、2017年5月にWindows 10の1つのバージョンがサポート終了になります。

マイクロソフト製品のサポートライフサイクルポリシーは、ビジネス向け製品とWindowsは「メインストリーム最低5年+延長サポート最低5年の最低10年」と認識している人は多いと思います。
既に公表済みの製品はその通りですが、Windows as a Service(WaaS)として提供されるWindows 10の「Current Branch(CB)」
および「Current Branch for Business(CBB)」と、オンラインサービスについては、2016年に発表された「Microsoftモダンライフサイクルポリシー」に従うことに注意してください。

Microsoftモダンライフサイクルポリシーに関するお知らせ
Windows as a Serviceでは、CBBで常に2バージョンのビルドがサポート対象となります。しかし、現在はCBで4バージョン、CBBで3バージョンがサポート対象となっている、いわば“移行期”にあります(画面5)。
CBB向けにWindows 10 バージョン1607が提供されたことで、一定の猶予期間を経て、Windows 10初期リリース(バージョン1507、ビルド10240)のサポートがCBおよびCBBの両方で終了します。その期限が「2017年5月10日」になります。

画面5 Windows 10のリリース情報。CBおよびCBBの1507(RTM)は、2017年5月10日(日本時間)リリースの品質更新プログラムが最後。この一覧から消えるのか、それとも終了日が追加されるのかは不明(赤い線は筆者によるもの)

http://image.itmedia.co.jp/ait/articles/1704/25/l_vol92_screen05.png

当初は2017年3月に終了する予定でしたが、その後、5月まで延期されました。Windows 10 バージョン1507に対するセキュリティ更新を含む品質更新プログラムの提供は、2017年5月10日にリリースされるものが最後になる予定です。

その後も品質更新プログラムを受け取るには、Windows 10 バージョン1511、1607、または先日CB向けにリリースされたばかりの1703にアップグレード(手動アップグレードまたは機能更新プログラムによる更新)する必要があります。
Windows 10 バージョン1507を使用し続けたとして、Windows Defenderのエンジンおよび定義の更新の提供は続くのか、停止されるのかは現時点でははっきりしません。

Windows 10 Version 1507に対するセキュリティ更新プログラムの提供終了
「Long Term Servicing Branch(LTSB)」という、長期サポート版のWindows 10 Enterprise 2015 LTSB(ボリュームライセンス製品)は、Windows 10 バージョン1507と同じビルド10240ベースです。
こちらは、引き続き2025年10月まで品質更新プログラムの提供を含むサポートが継続されます。

セキュリティ更新プログラムガイドの公開

マイクロソフトは最近、毎月のセキュリティ更新プログラムの情報を提供する新しいポータルとして、「セキュリティ更新プログラムガイド」を公開しました。
このポータルを使用すると、対象製品や公開日、重要度、CVE(Common Vulnerabilities and Exposures)番号などでセキュリティ更新プログラムを効率的に検索することができ、サポート技術情報や更新プログラムの手動ダウンロードへのリンクを取得することができます(画面6)。

画面6 「セキュリティ更新プログラムガイド」ポータル。2017年5月の定例更新後に、Windows VistaとWindows 10 バージョン1507を検索してみよう

http://image.itmedia.co.jp/ait/articles/1704/25/l_vol92_screen06.png

以上です。お疲れさまでしたm(__)m

3:
MSEは捨てたわ(´・ω・`)

4:
MSEもう使えないのかよ
お知らせとか無かったぞ

5:
無慈悲とか、MSはまるで北朝鮮だな。

6:
北朝鮮が割って使ってたりするの?

7:
ティムポ・クック将軍バンザイ!

8:
Vistaにそんなにこだわりあるかなぁ

9:
いらないアプリ押し付けんな

10:
3行にまとめてくれ

11:
AltaVistaを表示しようとすると米Yahooが開く不都合

14:
>>11
米ヤフー傘下になって吸収されたから仕方ないな

12:
ながいというより女の話みたいに経緯がフラフラしててイライラする

13:
マジでLinux考えようかな

15:
今日の無慈悲はこっちか

16:

さすがにvistaは捨てろよいい加減に

つかMSくらい面倒見がいい企業は他にないぞ、一般消費者向け製品なのに
10年間サポートとか頭おかしいレベル

17:
>>16
普通なら、年間契約させて金を取るべきなんだけど、
最初、売り切りから始めちゃったからなw

18:
うは、1507だわ

19:
7のサポート期限が2020年に迫ってると脅されて
10にアップグレードしたらサポート期限がさらに短くなったのか
初期の軽いバージョンなら動いても
最新のOSだけで4GB食いつぶすバージョンは動かないって人、結構いるでしょ

20:
無慈悲すぎるやろ
MSは血も涙も無いんか

21:

でも、最近Mac使ったらGUI的にWindowsに負けていると思った。

フリーソフトもほとんどが英語だし

22:
Vistaの操作性を残したWindowsが欲しい

23:
win10に安定版なし

24:
聞いた事ある言い方

25:
vistaを使い続けるなんて拷問じゃん
とっとと別のos使った方がいい

26:
MSって結局こういう事しかできない企業なんだよ

27:
どうせアプデする金がないとか、OSアプデするスキルが無いという連中なんだし、
そういう人はセキュリティなんて眼中にないからサポートする必要はない

28:
俺の中では98→XP→7→10ってイメージだからVistaとか8とかは失敗verにしか思えない

33:
>>28
10も失敗verじゃねえか

29:
なんだクリエーターアップデートをすれば1703になるんか 驚いたわ

30:
俺のvista、最後はwindowsupdateが全く進まない状態だったんだがあれも罠だった?

32:
>>30
あれは単に時間がかかってるだけ
3日くらい放置しておけばちゃんとかかるはず
スポンサーリンク
ピックアップ記事
8888: ピックアップ 2008/08/08

シェアする

フォローする