厚労省 オプジーボの類似薬「キイトルーダ」、薬価は年1400万円にww 

 厚生労働省は8日開いた中央社会保険医療協議会(中医協)で米製薬大手メルクが開発したがん免疫薬「キイトルーダ」の薬価(公定価格)を1日当たり3万9099円(年間約1400万円)とする案を提示し、了承を

メルクの日本法人はキイトルーダがオプジーボよりも有用性が高いとして厚労省に薬価の加算を求めていたが、これは却下された。メルクの日本法人はピーク時の売上高を年544億円、使用人数を年7300人と予測している。仮に使用実績が上振れした場合は現行ルール上、薬価を大幅に引き下げることが会議で確認された

56:
>>1
こんなことしてたら保険制度が破綻して
不利益被るのは国民なんだよ
安価で劇的な効果がある薬を製薬会社が作りたく
ないっていうなら国が作れ

4:
小林製薬みたいな名前だな

5:
シャレ?効いとるぅーだ!

9:
>>5
医者が患者を定期検診しながら
「おっ、薬がけっこう効いとるーだ」とかな

6:
フラシーボの類似薬
効イテルーダ

7:
小野のぼったくり薬品なんて使うの止めて全部これに切り替えろや

8:
大して変わらん

11:
保険でこれの2割か3割負担でいいのか

25:
>>11
高額療養費制度というものがあってな

12:
キイトルーダのせいで
オプジーボをプラシーボと混同した

13:
オプジーボは化学治療に対する優位性は示せてないが、
キートルーダの方は明らかに化学治療に対して優位
オプジーボとキートルーダは同じような薬でも、微妙な違いもあって
その微妙な違いが成績に影響してるという見方もあるな

14:
患者の負担は1400の3割?

18:
>>14
ほぼゼロ

15:
デブは使用中止な!
50㎞以下にダイエットしてからな!

16:
50キロ以上だったらキイトルーダのほうが安いんであればこっち使うべきだな。

55:
>>16
ガンならほっときゃ痩せるがなw

19:
この辺の値段になると1/10になっても高いよな

20:
スグナオールとか神力快復湯みたいな名前って禁止されてなかった?

21:
キイトルーダは事前検査で効くと予想された人だけ対照に投与したから
オプジーボより効くのは当たり前って書いてあった

24:
>>21
対象患者の違いだけじゃないよ
薬自体にも違いがある
10月7日から10月11日、デンマーク コペンハーゲンにて第40回欧州臨床腫瘍学会(ESMO2016)が開催されます。 かねてから、進行非小細胞肺がん治療に関するインパクトをもたらすであろうと噂&&

26:
効く人が予想できる薬のほうが有用じゃないか。
効くか効かないかわからないのに無駄金使う必要ないんだから。

27:
1400万のうち10%程度が医者に入るからね
医者はとにかく抗がん剤を使いたいらしい

28:
小林さんはこのクスリは使用してないの?
ていうか、このクスリはどの程度有効なのか

29:
キットキクーダに変更しろ

30:
田舎者「効いとるーだ!」

31:
キイトルーダはよく効いとるだ

32:
キートルーダの方がPD-1と結合しやすいうえ、
治験でもPD-1の発現が強い患者ばかりに絞ったから
効くべくして効いたってところだろうな
一方オプジーボはPD-1との結合力が弱くて
しかもPD-1の発現が弱い患者も治験してしまったから
むしろ化学療法より劣るという結果になってる

33:
効いとるーだって小林製薬見たいなネーミングセンスだな

34:
疲労がぽんっと抜ける様な名前だな

35:
ローマ字だと Keytruda だから、日本語とは関係ないみたいだなw

36:
老人を延命させる医療に莫大な金をかけ続けたから国が崩壊しかけてる高齢化ではなく、高齢者を延命させる高額医療のせいで医療費が30年で30兆円増えた

文科省が数億で叩かれてるが、30年で30兆円も医療費を増やした製薬会社への天下りが一番酷い

37:
キノセイダ
月二回で1000万円
スポンサーリンク
ピックアップ記事
8888: ピックアップ 2008/08/08

シェアする

フォローする