トヨタ、カナダに MIRAI を試験導入、燃料電池車の理解促進wwwww

http://response.jp/imgs/thumb_h2/1142268.jpg

トヨタカナダのステファン・ビーティ副社長は、「今回、ケベック州モントリオールの地から、カナダ全土に向けて理解活動を開始できることをうれしく思う。顧客や業界・政府関係者に、水素社会やFCVという、よりクリーンな未来に向けたトヨタの取り組みを伝えることを、楽しみにしている」と述べている。

2:
湿度も気温も低くて高温多湿の日本より向いてるのかな
エアコン稼動もヒーターだけの場合が多そう

3:
電気自動車が実用的な距離出せるようになったら必要無いし
燃料電池車はトラックとか長距離に照準合わせればどうかね。

5:
>>3
FCVは絶望的に燃費が悪いのだよ
長距離トラックとかはディーゼルが多いけど
燃費でディーゼルに勝てないと普及しないのだよ

4:
最適と判断した割にたった3台?

7:
【燃費】
電気自動車>>>>ハイブリッド車>>ガソリン車=燃料電池車

http://i.imgur.com/UgFxQZV.png

燃料電池車って一体?ww

9:
EVが主流になるなら真っ先にトヨタが作ってる
たられば寝言言うほどトヨタは馬鹿じゃない

12:
>>9
EVが主流になりつつあるんだが。
但し、その先導を切ってるのは高級車はテスラ、大衆車は中国メーカー。
トヨタもEV開発し始めたけど、大分遅れてる。

10:
寒さに弱いの

14:
そもそもHVで世界シェアを持つトヨタが遅れてEVに参入
みたいな記事があるけど、EVの技術と実績はトップだろ
遅れてきた日産も蓋を開けてみればまた燃費詐欺だし

15:
バッテリー技術がブレークスルーして革新的のものにならない限り、
オレはEVを絶対に選択しない。

16:
EVはバッテリー劣化が問題だからな
リーフをネットで調べるとなかなか酷くて笑える
FCVもスタック劣化するがな

17:
昨日かの記事でトヨタはリチウムイオン電池は限界と判断して
カートリッジ式アルミ空気電池の研究にシフトするみたいだし
充電の必要無しで1600㎞交換、水素貯蔵と併設で作るかもね

18:
EVは充電に時間がかかるのがなぁ…

19:
FCVの方が断然イイ。
今のevは電池の固まり。
まず電池の重さが無駄。
充電時間が凄くかかる。
急速充電だと電池が劣化するし、供給側の電気代も割高になる。
そして、バッテリー劣化下時の交換コストが半端ない。
evを本気でやるのなら、電池の規格を2種類程度に決めて、その電池を搭載する規格を作れ。
電池は1分以内に着脱出来ること。
evは充電ステーションではなく、バッテリーステーションに行って、フル充電済みのバッテリーと交換するようにしろ。
つまりバッテリーはレンタル制度。
バッテリーが有効利用出来るし、クルマの販売価格も劇的に下がる。

22:
>>19
こういう技術も出てきてるからコストが高すぎる水素は広がらないまま終わると思うよ。

ttp://japanese.engadget.com/2016/10/18/co2/

CO2・水からエタノールが生成できるなら従来型の内燃機関の技術とインフラが
そのまま使えるので、扱いが難しく効率が悪くコストも高い水素よりも見込みはある。
太陽光や風力発電と組み合わせればトータルのCO2抑制にも適うしね。
少なくとも水素を使うFCVへのブレーキにはなりそうだ。

25:
>>19
バッテリーの交換式システムはテスラが過去にテスト済み
あまりに利用者が少ないから今後この分野での開発はしないとのこと

そろそろスーパーチャージャーの出力が現行の3倍以上になるので10分で8割くらいの充電ができるようになる

テスラモーターズの電気自動車(EV)をもっと短い時間で充電したいと思っている貴方に、近々良いことが起きそうだ。テスラのイーロン・マスクCEOは、クリスマスにTwitterで新しい急速充電システム「スー

20:
馬鹿トヨタ。

ケベックって、イギリス統治下でフランス語を話す香具師が多い土地だな。

少し前まで、
ボスや企業上層部は英語を話して、労働者はフランス語を話していた土地らしい。
腐れ三木谷の楽天みたいな感じかな。w
朝鮮も支配層はシナ語で文字を書いていたな。庶民は朝鮮語を話して文盲。

21:
極寒の場所でリチウム電池が保つのか?

24:
あることを行うと燃費が上がるんだよ

引用元: 【クルマ】トヨタ、カナダに MIRAI を試験導入…燃料電池車への理解促進へ

まる くん
電気自動車が実用的な距離出せるようになったら必要無いだろうww
なな さん
FCVは絶望的に燃費が悪いのだよ燃費でディーゼルに勝てないと普及しないねぇ!!
スポンサーリンク
ピックアップ記事
8888: ピックアップ 2008/08/08

シェアする

フォローする