マツダ、新型エンジン導入燃費性能3割高め、ガソリン車でリッター30キロwwwww

 マツダは燃費を従来比約3割高めた新型エンジンを2018年度末に導入する。点火ではなく圧縮によってガソリンを燃やす技術を世界で初めて実用化し、主力車に搭載する。同社は環境規制強化に対応するため電気自動

マツダは環境規制強化に対応するため電気自動車(EV)の開発も進めているが、当面は世界の新車販売台数の大半をエンジン車が占めるとみている。エンジンの改良を続け、主力分野での競争力を高める。新型エンジンは18年度末に約5年ぶりに全面改良する主力…

135:
>>1
すげーなー
正攻法でまだ三割もの向上余地があるとは

2:
マツダスゲー!

3:
理論を見てなるほどなと思ったが、実現したのか。

54:
>>4
ブログ見たけどナニコレw排気がクリーンな代わりにススが車に溜まってく構造なのか?w

60:
>>57
もしかしてリコール=欠陥とか思ってる?

115:
>>60
命にかかわる問題はリコールと言うんだよ。
社会に出て働きな~>>95
ほんこれ。
プログラムを改変して煤を取り除いただけなんだよね。
根本的な解決になってないよ。
直噴エンジンよりカーボン溜まりやすいし、価格コムでも走行中にエンジンが停止したって報告あったし。こんな怖いエンジンのせた車には乗りたくないよ

116:
>>4
新しい技術のエンジンだからな。
トラブルが出るのは予想が付く。マツダだし、長期保証は付けとくのが当たり前。
保証で洗浄してもらって対策済みのソフトに変えてもらえばよいだけさ。問題はトヨタから乗り換えた人だろうなあ。
トヨタ車はトラブル無縁だからマツダも同じと思い込み保証もつけとらんだろう。それにしてもトヨタのハイブリッドではブレーキではトラブルが出たが、それ以外で大きなトラブルが出なかったのはさすがトヨタと言うべきか。

130:
>>4
いまだにマツダの話題になると反射的にこの煤ブログを引っ張ってくる奴って
ネットの中だけで人生や生活が完結してる奴なんだろうなと思う。

5:
どういう構造なんだろうか?

8:
ロータリーミラーサイクルエンジンか

10:

これが本当に普及すると点火プラグが不要になるのかな?日本特殊陶業とかどうなる?元の日本碍子に吸される?

11:
もうすでにリッター30kmの軽自動車が世に出てるやん
普通車で30kmいけるなら凄いと思うけど

13:
コールドスタート用に点火プラグは必要だと思うけどね。

31:
>>14
いや大発明だよ
燃費3割向上だと現行のアクセラだと30km/Lになる
アクセラハイブリッド2Lの燃費が28km/Lだからこれを上回る
ハイブリッドより
好燃費・軽量・居住性良し・安い
ハイブリッドの趣旨がCO2低排出ならその趣旨をハイブリッドなしで達成できていことになる
更にシステム複雑になるがこのエンジンにハイブリッドかますと燃費40kmの可能性もある。
>>13
プラグ併用のようですね

14:
10年前に発明できてれば大発明だったんだろうな

15:
実測リッター20Kmいくかな

16:
動作自体は相当前にできていたんだけど、始動時のノッキングが抑えられなくて採用しなかったとか言う話だったやつかな。

19:
タイミングが遅すぎるよせめて2005年くらいに市販化していれば
マツダの立ち位置はもっと変わっていたはず

20:
加速時は点火プラグを補助的に使うとの記述

21:
カタログ値とかけ離れた実質燃費じゃないのか?

22:
マツダは相変わらず神ってる。

24:
これをハイブリッドと組み合わせたら
無敵だなw
スポンサーリンク
ピックアップ記事
8888: ピックアップ 2008/08/08

シェアする

フォローする