トヨタ・ミライで話題になった水素戦略はその後どうなっている?

トヨタ・ミライで話題になった水素戦略は

水素についていえば、需要に合わせて発電することが難しい再生可能エネルギー(太陽光、風力など)が生み出した電気を保存しておく手段として、保存性や可搬性において有利といわれている。つまり、再生可能エネルギーで発電して、そのまま電気自動車に充電するのもよし、余った電気を水素に変換して溜めておき、必要に応じて燃料電池で利用するもよし、といった使われ方が考えられている。

1:
トヨタが水素燃料電池車(FCV)のミライ(MIRAI)を発売し、それに伴ってエネルギー問題を解決するための水素社会の実現を目指し、トヨタを中心に水素戦略を推進していくと大々的に語られた。しかしミライ発売直後の盛り上がりに対し、その後水素戦略についてのニュースはほとんどない。果たして現状はどうなっているのか?

29:
>>9
>>1トンもバッテリー積んでそんな重くねえよ低脳

46:
>>1
だから岩谷あたりと組んで、
カセットボンベ使用式のポータブル電源を販売、開発しろよ。
音が出ないというメリットがあるのだから(低騒音と言う意味で)
それなりに需要はあると思うのだけどな。

2:
戦い続ける限り負けない

3:
高温ガス炉の熱分解による水素製造が有望高速増殖炉と共に次世代炉として実証炉の建設を進めよ

4:
トランプ大統領にEV推進と日本への圧力を期待。
水素戦略を潰して欲しい。

7:
>>4
EVどころかガソリンカー回帰するんじゃねw

15:
>>7 ノートe-Power「せやな」

8:
>結婚式の引き出物蓮舫が受け取る結婚式のお車代レベルかも。ねぶた関係

10:
はいはい、電気自動車、電気自動車(EV:Electric Vehicle)wwwww

11:
重量や容量で電池は不利だし、燃料の主成分は水素
=燃料電池はガスなら何でもOKという考え方が出来る

12:
半万年眠らせるために塩漬け

13:
数秒でチャージできるバッテリーが出来たそうだし、もう出番はないかな

19:
>>13
EVを100km以上(できれば2~300km程度)走らせる電気エネルギーを数秒で送り込む大電力施設を
いくらで作れるの?って話になる。
そのままだと施設までの送電系が大変だから、やや太いくらいの線で施設内キャパシタに貯め込ん
でおいて、容量が尽きたら次の車は数分またされることになるのかな?

33:
>>19
充電接点の接触と周りの絶縁考えただけで恐ろしくなる
レールガンとどっちが強い?

21:
>>13
EV車搭載のバッテリーを数秒でチャージって、
変電所レベルの電力設備要るぞw

14:
水素をそのままガソリン代わりにしたらええんとちゃうの
なんでわざわざ電気に変換すんねん

25:
>>14エネルギー効率が全然違う。
ガソリン車などの内燃機関はロスの塊みたいなものです。

16:
ホンダもなんか昔やってたな
マツダも昔水素ロータリーなんてものをやってたな

17:
近所のガソリンスタンド跡地に水素ステーション出来たけど、誰得?

20:
国策でがFCVに乗れば燃料代を今の1/3にします、と公表してるから
後十年でEVは寿命と容量と充電速度と価格を解決しないと勝てない

30:
>>20
国内だけ良くても海外で負けたらアウトだよ

37:
>>30
HV VS ディーゼルの時も同じ事言ってたけどね
今でも先進技術は他国が日本に追従するんだよ

40:
>>20
国策でEVも保護してるだろ。
EV vs FCVと思ってるのは馬鹿と、EVしか作れない三流企業だけ。
近距離はEV、遠距離はFCVと役割分担。

22:
あー 1年まちとか言ってたな。納品された人はどうなったんだろうw

23:
アベノミクスと共に去りぬ

24:
EVかFCVかは消費地の米中の思惑に左右されるので
日本の戦略は関係ないかな今の所はFCVが負けそうな気配だな

26:
>22  僕も知りたい。

27:
過去にも鳴り物入りで消えていったガラパゴス規格や技術があったがこいつも仲間入りしそうな予感。
なにせミライを製造したトヨタですらラインナップ全く増やさないうえに
最近EV参入を表明しましたね。

47:
>>27
いや、燃料電池車は早すぎたのが原因
今でこそ当たり前になったiPodやウォークマンみたいな
音楽を持ち運ぶってのはウォークマンが出た当時は頭に浮かばなかった
音楽は家やライブ、コンサートで聞く物で
個人で外で聞くのはラジカセを持ち歩いてるやつくらいだった
だからソニーはウォークマンを持つとこんな生活に変わると
お客を教育する手法で売り出し成功した
日々の生活に音楽という付加価値を付けさせただが燃料電池車やEVはガソリンやディーゼルがあるのにわざわざ途中で
燃料が切れたらどうしたらいいかが分からない
また値段もまだ高いということで自分の家に
燃料電池車やEVが来たらこんな変化があるってのがない将来的には必ず燃料電池車は来ると思うよ
水素+バッテリーのハイブリッドとかで
災害時でも電気起こせますみたいになると思う

28:
価格は最大のサービスだから
いい技術でも割高なら商売で負けるかも
別に水素の競争力が高ければガラパゴスにはならんけど

31:
もっと積載能力の大きい車にならんのかなー
ハリアーとかカローラワゴンみたいな感じに

32:
後ろから水何リットルもぶちまけやがって。
後続車が迷惑するだろ。今すぐ走行禁止にしろ。
バイク乗りは、ミライの後ろに絶対にいくな。

34:
一時期ガソリンから水素を取り出してって
回りくどい方式も考えられてた気が

35:
トンチンカンな期待値だけの精神論で税金無駄使い(ゼネコン・関係者だけウハウハ)、日本です

36:
>電気自動車と燃料電池車はセットでゼロ・エミッションとエネルギー多様化に対応するモビリティであり、
>どちらが主役になるかという議論は、ある意味でナンセンスなのだはい大嘘。
燃料電池車が圧倒的シェアを獲得しないと、水素ステーションの採算が取れない
新車開発にかかる莫大なコストも回収できない

38:
トヨタによる国民に対する詐欺
なんでトヨタ車買う人間に200万も300万も税金をくれてやる必要がある
禿の太陽電池と同じようなもの

39:
マブチモーター程度の大きさの原発を積んだ車の発売はまだかね?

41:
そんなことはないと分かっていても
水素カーは爆発
電気自動車は感電のイメージがあって心が落ち着かない

45:
>>41
それを言ったらガソリンだって引火爆発するんだがな
水素でも電気でも使い始めたら多分慣れると思うぞ

42:
水素はそもそもエネルギーの備蓄が目的で
これは資源を持たない国にとってはさしせまった話
そこからオプションで出てきたのが燃料電池車
ただもう世界が電気自動車で固まってきてるので
燃料電池車は日の目を見ることはないかも

43:
日本だけガラパゴスだと一人負けなんだよなぁ

44:
戦車とか船舶とかには有用だろうけど
平時の自家用車とか電気でいいわな

48:
どうせ車はシェアして買わんからどれでもいいよ
自動運転はよ

49:
売れるか売れないか

50:
なんにしても次世代はEVになると思うよ

引用元: 【クルマ】トヨタ・ミライで話題になった水素戦略はその後どうなっている?

まる くん
数秒でチャージできるバッテリーが出来たそうだし、もう出番はないかなww
なな さん
充電接点の接触と周りの絶縁考えただけで恐ろしくなる!!
スポンサーリンク
ピックアップ記事
8888: ピックアップ 2008/08/08

シェアする

フォローする