来年1月にもロケット発射へ 堀江貴文さん創業の開発会社 成功なら民間の日本初に

来年1月にもロケット発射へ

当初は年内の打ち上げを予定していたが、エンジンなどの調整に時間がかかっているという。 開発しているのは全長10メートル、直径50センチのロケットで、エタノールと液体酸素を燃料とする。 計画では、発射後約2分で無重力状態となり、さらに約2分で大気圏と宇宙空間の境界とされる高度100キロに到達。その後、降下してパラシュートで太平洋に着水する。

1:
元ライブドア社長の実業家、堀江貴文さんが創業したロケット開発会社「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)は14日までに、来年1月にも宇宙空間に到達する小型&


6:
>>1
> 国のロケット発射場を誘致するなど「宇宙のまちづくり」を進める大樹町

北海道だから、ロケットの発射場をつくるのは簡単だよな。

でも、冬場は使えるんですかね?

2:
>>全長10メートル、直径50センチのロケットで、エタノールと液体酸素を燃料とする中学生の理科クラブ?

4:
法律に従わなくても物理法則には従えよ

5:
北朝鮮が毎月打ち上げてる奴の方が精巧だろ

7:
北海道に作るとかあんな北の方じゃ効率悪いだろ
何で種子島に発射場があるか知らないのか?

14:
>>7
赤道に近いほうが、地球の回転する力を利用する
のに好都合なんだっけ?

18:
>>14
遠心力で重力相殺されるからね

19:
>>14
それは静止衛星の場合だけ

10:
北朝鮮も寒いから冬場はミサイル撃たないのかな…夏だけ警戒すればいいのか?

15:
発射後約2分で無重力状態となりどういうこと??

16:
全額自腹きろよ
こすいなw

17:
ブタエモンは嫌いだが、こういうチャレンジは嫌いではない。

21:
ホリエミサイル

22:
そういやあの中二病みたいな名前のパイロットはどうしてるのかな

25:
打ち上げて落とすだけなのか

26:
このロケットでどうビジネスするのかが分からない
なにより技術的にはもう通過したレベルだ

27:
それで先日官僚が規制法案通してたわけか

28:
よく積雪の少ないところを見つけたもんだ。
アメダスデータと実際の積雪はちがうことがあるからな。

29:
そんな玩具打ち上げて何の意味があるの?
風船でもそのくらいいけるだろ

30:
なんで今更エタノールやねん
ケロシンじゃあかんのか

31:
ここは何を目指してんの?
低コストで小型衛星打ち上げのロケット?
友人飛行?

33:
先週nhk eテレでやってたな
u29とかいう社会人の一日を紹介する番組で、ホリエモンは二三度チラッと映ってたが「二代目社長」は入社3年目の29歳、誰からも嫌われにくく話しやすい人物と紹介してた
暗に社長がホリエモンでは爺共から嫌われ話しづらいと言わんばかりw

35:
>>34
クラウドファンディングって出資者は元が取れないのが多いよ

38:
この会社て何で儲けてんの、ゼンカモンのポケットマネーだけで
運営してんの?

39:
なにこれ打ち上げて落ちてくるだけのロケットなの? 花火?

41:
自衛隊の訓練用標的の打ち上げ?

43:
最終的に何がしたいんだろうな
このペースだと有人飛行でも百年くらいかかりそう

45:
自分を大きく見せるための売名活動だと思う。
IT虚業じゃニッチもサッチも行かなくなって、
ただ知名度だけはあるからタレント活動で飯を食っていける。
しかし、職業=タレント、コメンテーターじゃキマリが悪くて、
あくまで事業家という肩書はバックグラウンドとして保持しておきたい。
で、適当なのが宇宙開発。知名度を利用してクラファンでカネを出してくれる信者はいる、
成果がでなくても格好はつく、何を目標としているのかは誰もわからない。
まだ北朝鮮のようにアメリカまで核ミサイルを飛ばせる能力を持つという目標のほうが上。

引用元: 【宇宙】来年1月にもロケット発射へ 堀江貴文さん創業の開発会社

まる くん
北海道だから、ロケットの発射場をつくるのは簡単だよなww
なな さん
北海道に作るとかあんな北の方じゃ効率悪いだろ!!
スポンサーリンク
ピックアップ記事
8888: ピックアップ 2008/08/08

シェアする

フォローする