独有力大学 STAP現象の確認に成功 責任逃れした理研と早稲田大学の責任

1: 投稿日:2016/05/14(土) 16:54:14.58 ID:CAP

今年3月10日、ドイツの名門大学、ハイデルベルク大学の研究グループがSTAP関連の論文を発表した。
論文タイトルは『Modified STAP conditions facilitate bivalent fate decision between pluripotency and apoptosis in Jurkat T-lymphocytes
(邦訳:修正STAP条件によって、JurkatT細胞の運命が多能性と細胞死の間で二極分化する)』である。
海外の一流大学が、いわゆる「STAP現象」の再現実験を行ったということで話題となっている。以下に同論文の概要を紹介する。
<(1)序論:STAP論文は撤回されたが、低pHの刺激による万能性獲得の可能性は、がん、または、がん幹細胞の分野においては魅力的な課題である。
(2)実験:そこで、理化学研究所と米ハーバード大学から発表されたプロトコルを改変して、セルライン化されたT細胞に刺激を与える実験を行った。
(3)結果:当グループが見つけたpH3.3の条件では、酸処理後、多能性マーカーの一種であるAP染色陽性細胞の割合が増加した。AP陽性の多能性細胞は酸処理ストレス下を生き延びて優位に増加。
(4)考察:小保方晴子氏【編注:一連のSTAP細胞論文問題をめぐり2014年12月に理研を退職】が英科学誌「ネイチャー」で発表したプロトコルでは成功しなかった。
それは、使用している緩衝液の緩衝能が適していないことが理由として考えられたので、それも変更した。
一番の発見は、このような瀕死のストレス条件では、Acute T-cell leukemia(ヒト急性T細胞白血病)の細胞株である JurkatT細胞が、万能性を獲得するか、もしくは死ぬかの間で揺らいでいることである。
何がそれを左右するのかを探るのが今後の課題だ>
わかりやすく解説すると、以下のようになる。
<小保方氏が発見したSTAP現象を、がん細胞の一種であるJurkatT細胞を用いて再現実験を試みた。
同細胞に対しては、小保方氏がネイチャーで発表した細胞に酸性ストレスをかける方法ではうまくいかなかったため、独自に修正した酸性ストレスをかける方法を試してみたところ、細胞が多能性(体のどんな細胞になれる能力)を示す反応を確認した。
それと同時に細胞が死んでしまう現象も確認されたので、何が細胞の運命を分けているのかを探っていきたい>

●がん細胞の分野で研究の価値大

今回の論文で多能性を確認したAP染色陽性細胞は、小保方氏らのSTAP論文でも発現が確認されている多能性マーカーのひとつである。
細胞が酸性ストレスによって多能性を示すという反応は、まさに小保方氏が発見したSTAP現象そのものだ。
STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる (Business Journal) – Yahoo!ニュース 5月14日(土)6時1分配信

続きます

★1のたった時間=2016/05/14(土) 08:34:19.40
459/
※前スレ
/r/2ch.sc/newsplus/1463198232/

2: 投稿日:2016/05/14(土) 16:54:31.38 ID:CAP
>>1続き
世界的に活躍する国際ジャーナリストで、自身もニューヨーク医科大学で基礎医学を学び医療問題に関するリポートも多い大野和基氏は、同論文を次のように評価している。
「STAP現象の論文は撤回されたが、少なくともがん細胞の分野ではまだまだ研究の価値がある、ということだ。
細胞の多能性に対する酸性 pH の効果は、がん生物学(がん幹細胞も含む)の分野では、注目されるトピックであり、STAP細胞が、
がん細胞ではできた可能性があることを、このハイデルベルク大学の論文は示している。
また、この研究者らの実験では、小保方氏が確認した多能性を示すOCT4の発現を変えることができなかったようだが、異なる結果として、De Los Angelesほかが、STAPプロトコルのような、
強いストレスでOCT4の発現が増加した例を紹介している。
ともあれ、『ネイチャー』のSTAP論文撤回後、海外の大学、しかもハイデルベルク大学においてSTAP現象を確認する実験が行われたことは注目すべきことである」
がん細胞の一種であるJurkatT細胞に対して、小保方氏が行った方法ではうまくいかなかった理由について、ある生物学の専門家は次のように分かりやすく説明してくれた。
「細胞の種類によってストレス反応に違いがあることも一因と考えられます。小保方氏はがん細胞以外の細胞を使っていたため、ストレスをかけるpHの違いが出ても不思議ではありません。
また、培養系の実験では、緩衝材の違いはもちろん、試薬のロット(製造日)差によっても結果が違ってくるというのは周知の事実ですし、シャーレのメーカーによっても結果に違いが出ることがあるほどです。
それほど微妙な調整が必要な世界であり、プロトコル(手順)通りにやっても同じ結果が得られないことは普通です。
ハイデルベルク大学の研究グループは試行錯誤の結果、独自にSTAP現象を確認する方法を見いだされたのではないでしょうか」
日本国内では、マスコミによる異常な偏向報道によって、完全に葬り去られたように印象づけられたSTAP現象だが、そのような先入観もない海外の大学によって再現実験が試みられた事実は大きい。
●日本の専門家たちの間違い
一部の専門家は、小保方氏がSTAP細胞のレシピ(詳細な作製手順)を公表するサイト「STAP HOPE PAGE」を開設した際にも、
「STAPを今さら研究する研究者は世界にどこにもいない」と批判していたが、それが完全な間違いであったことが証明された。
ネイチャーのSTAP論文が撤回された理由は、小保方氏が発見した「STAP現象」の否定ではなかったことは前回記事で述べた通りである。
小保方氏の人権を蹂躙するかのようなマスコミがつくり上げた世論に同調し、常識を逸脱した禁じ手まで使って論文をなきものとして責任逃れをした理研や早稲田大学と比べ、
真摯に生物学的現象を追究するハイデルベルク大学のニュートラルな姿勢は、科学に向き合う本来のあり方を教えてくれる。
ハイデルベルク大学が発表した今回の論文によって、STAP現象に対する世界的な関心が再び高まっていくかもしれない。おわり

3: 投稿日:2016/05/14(土) 16:54:46.37 ID:sEMMYev70.n
ありまぁす!!

4: 投稿日:2016/05/14(土) 16:55:19.89 ID:Xu8/lp5RO.n
前スレにオボ本人いたよねw

5: 投稿日:2016/05/14(土) 16:57:33.12 ID:Zx5QKJXo0.n
人が氏んでんねんで

6: 投稿日:2016/05/14(土) 16:57:37.90 ID:7+MeVFn20.n
トンキンマスゴミがまた捏造したのか。

7: 投稿日:2016/05/14(土) 16:57:57.58 ID:NqnDFjxy0.n
な。
言った通りの展開になっただろ

9: 投稿日:2016/05/14(土) 16:58:39.24 ID:EFY0YdLN0.n
>>1
オボちゃん大勝利!w
シンデレラに嫉妬してSTAP潰した、日本アホバカ理系の言い訳が続きます ↓

10: 投稿日:2016/05/14(土) 16:59:03.91 ID:65XkCTXp0.n
小保方逆転勝利かwwww
おれは小保方を信じてたよ(^ω^)

11: 投稿日:2016/05/14(土) 16:59:04.66 ID:C/l2PNJk0.n
(´・ω・)於保ちゃんカムバック出来る?

12: 投稿日:2016/05/14(土) 16:59:20.18 ID:i1TW07kc0.n
やっぱりね
メジャー動いたんでしょ
昔からそれ
ちょっと調べると出てくるのよ

13: 投稿日:2016/05/14(土) 16:59:25.36 ID:JZHYewZI0.n
すいませんでした!!!
申し訳ありませんでした!!
これでいいか?チッ

14: 投稿日:2016/05/14(土) 16:59:35.68 ID:zrpMF2Va0.n
>小保方氏の人権を蹂躙するかのようなマスコミがつくり上げた世論
「報道の自由」って、なんなんだろうな(遠い目

15: 投稿日:2016/05/14(土) 17:00:19.55 ID:eVYAHb6H0.n
そもそも小保方が叩かれたのはSTAPのあるないじゃなくて
実験や論文の中で行っていた不正についてだろ?

16: 投稿日:2016/05/14(土) 17:00:22.09 ID:LpqnpzM00.n
>>1
よくわからんがオボコは悪くなかったってことなのか?

17: 投稿日:2016/05/14(土) 17:00:40.11 ID:bsiM5jZb0.n

そりゃぁ
STAP現象が認められれば日本のIPS細胞特許より上位の特許だから
世界各国で兎に角適当に、特許として認められなくても
権利だけはハッタリで主張するぐらいことはするだろ。
そうすれば
日本などと経済協定など結びその中に知的財産権が含まれていれば
日本のIPS特許に独占されなくて済むから。
マジで
前回のアメリカの大学と言い今回のドイツの大学と言い
手口が 詐欺師以下のやり方です。

18: 投稿日:2016/05/14(土) 17:00:51.23 ID:JZHYewZI0.n
>>12
もう彼女の心は閉ざされているよ日本人には
誰かがちゃんと彼女を擁護してやるべきだった
偉大な国益が今失われた

20: 投稿日:2016/05/14(土) 17:00:57.65 ID:2c8TouMV0.n
少なくとも小保方の曖昧で稚拙な論文通り
検証してみてもSTApは再現出来ないのは世界の周知

21: 投稿日:2016/05/14(土) 17:01:07.03 ID:eVYAHb6H0.n
>>14
みんなマスゴミのせいにするけど無責任に叩いていたネット民も同罪だよ

22: 投稿日:2016/05/14(土) 17:01:59.81 ID:vAniHh7N0.n
禿が足を引っ張ったからできなかったってことになるのかな

23: 投稿日:2016/05/14(土) 17:02:12.13 ID:K7F1mLL/0.n
自殺した奴は死に損てことか?

24: 投稿日:2016/05/14(土) 17:02:27.85 ID:bsiM5jZb0.n
日本のIPS細胞特許を潰す為なら何でもやるってキチガイがウジョウジョしてる
アメリカも TPPで
ドイツも
マジで汚い。

25: 投稿日:2016/05/14(土) 17:03:20.27 ID:eVYAHb6H0.n
>>20
別にSTAP細胞自体は小保方のアイディアではないし、論文でSTAPの実在を
証明できないなら無価値だわなあ

26: 投稿日:2016/05/14(土) 17:03:30.95 ID:s5bSDY/l0.n
しかし小保方が発表したやり方では再現できないのだから、
今回のドイツの研究者たちのやり方が「オリジナル」として確定していいのでは?
でも、どのみち、死ぬか生きるかは運、みたいな感じだと
ガン細胞で生死の鍵を握る=運ということになり、
抗がん剤と変わらないじゃんwww

27: 投稿日:2016/05/14(土) 17:03:36.40 ID:vAniHh7N0.n
禿の自作自演だったか

28: 投稿日:2016/05/14(土) 17:03:51.69 ID:mu7l+zpl0.n
「報道の不自由」

29: 投稿日:2016/05/14(土) 17:04:17.54 ID:eVYAHb6H0.n
>>23
ただ、STAP細胞があるなしと不正のあるなしは別問題だからなあ

30: 投稿日:2016/05/14(土) 17:04:35.17 ID:upNeIrto0.n
過去最大級レベルのノーベル賞を自ら放棄したジャップ
どうすんだこれ?
もう東京だけ消費税10%のトンキン税を導入して
それ全部小保方様にあげろよ

31: 投稿日:2016/05/14(土) 17:05:22.95 ID:eVYAHb6H0.n
>>30
あのずさんな論文にノーベル賞の価値はないだろ

32: 投稿日:2016/05/14(土) 17:05:36.22 ID:tZOjSlC80.n
池上彰さえも、マスメディアには捏造の自由がありしあるべきだって遠まわしに断言してるからね
日本批判、日本政府批判のためならどんな嘘をついてもいいって池上彰さんが遠まわしに言ってる

33: 投稿日:2016/05/14(土) 17:05:40.45 ID:k8h1RnLw0.n
まあサイゾーの妄想に踊らされるのは勝手だが
この論文からネズミに辿り着く可能性はゼロだから心配すんなw
バカばっかりだなw

34: 投稿日:2016/05/14(土) 17:05:58.24 ID:QU2BQw3L0.n
この論文が追試再現されてからすべてを論じるべき

35: 投稿日:2016/05/14(土) 17:06:12.94 ID:mWzuo3S10.n
オボの条件じゃないなら結局オボのは捏造だったってことやんか

36: 投稿日:2016/05/14(土) 17:06:41.95 ID:eVYAHb6H0.n
>>28
「報道の自由」を叩く前に無責任に叩きまくる2ちゃんねらーが反省しないといけないのではないの?

37: 投稿日:2016/05/14(土) 17:07:04.69 ID:kxqydLq90.n
>>25
論文で実在を証明するわけじゃないよ。他の研究者によって再現されて存在が確認されるだけだ。
山中教授のiPS細胞も他の研究者が再現するまでほとんど誰も信じていなかった。

39: 投稿日:2016/05/14(土) 17:08:47.84 ID:bsiM5jZb0.n
だいたい
仮にこれが事実だとしてSTAP細胞で作った臓器がガン化してたら
絶対に臓器移植や再生医療では100% 使いえない 危険なものになる。
STAP現象がガン細胞で見つかったとかぁ、言って喜んで、
あたかも
日本のIPS細胞のように正常な臓器や再生医療に使われている技術と
同等かそれ以上であるかのように書きまくる人間や
権利を主張する アメリカやドイツの研究機関たちは本当に893以下の奴らでしょう。
正常なものが出来てそれが確実に担保されて初めて人間の医療に使用できる。
ガン細胞で認められたとかぁ
キチガイ過ぎる。

40: 投稿日:2016/05/14(土) 17:09:16.41 ID:3GdGgWNQ0.n
とりあえず謝罪しようぜ?
おまえら
この案件は立派に名誉毀損、威力業務妨害だわ

41: 投稿日:2016/05/14(土) 17:09:21.86 ID:ejIcehH30.n
小保方のやり方では再現できなくても、やり方を変えることで再現できるかもしれないと感じたんだろうね
小保方の論文は少なからずヒントになったんだな

42: 投稿日:2016/05/14(土) 17:09:24.16 ID:MmLat6Gq0.n
小学生並の学力・常識のやつが涌いてるなww
STAPなんてねーよwww

43: 投稿日:2016/05/14(土) 17:09:32.12 ID:eVYAHb6H0.n
>>37
だから小保方の論文に基づいては誰も再現できなったってことだろ
今回の実験は小保方の論文に基づいて再現したの?

44: 投稿日:2016/05/14(土) 17:10:01.10 ID:jzWgYuLH0.n
自殺したおっさんかわいそう

46: 投稿日:2016/05/14(土) 17:10:11.10 ID:o58ifAwa0.n
お前らさっさと小保様に謝れよ
ほらはーやーくー

47: 投稿日:2016/05/14(土) 17:10:15.82 ID:BxOcdUsw0.n
失敗は成功のもと 失敗とわかったならそのまま研究させればよかった

49: 投稿日:2016/05/14(土) 17:11:12.62 ID:eVYAHb6H0.n
>>47
でも、単に失敗したから叩かれたわけじゃなくて
不正が明るみになったから叩かれたんだろ?

50: 投稿日:2016/05/14(土) 17:11:26.67 ID:KqRhmFpF0.n
ていうか200回できたのなら再現すればよかったのでは?

51: 投稿日:2016/05/14(土) 17:11:34.73 ID:rsk2FIGW0.n
おれだけは信じててよかった

52: 投稿日:2016/05/14(土) 17:11:51.66 ID:9k0BXITa0.n
>>47
失敗じゃなくて捏造
あれ以上やっても金を食い潰すだけだし
結局再現性のある結果をだしたドイツ人に取られてたよ

53: 投稿日:2016/05/14(土) 17:11:56.65 ID:hen7VyO80.n
何でこの研究チームの功績で鼻フックの捏造が覆ったかのような
論調になってるのかがわからん
鼻フックはただの虚言症のクズで何も変わらんのに

55: 投稿日:2016/05/14(土) 17:12:32.65 ID:RKX3EyVWO.n
オッボが使った酸性溶液に秘密がある

58: 投稿日:2016/05/14(土) 17:13:02.56 ID:3GdGgWNQ0.n
>>53
バカかよ
おまえは悪いことをしたら謝るくらいの常識がないのか?

59: 投稿日:2016/05/14(土) 17:13:51.17 ID:1HQfUgnM0.n
理研やっちまったな
もう潰して良いんじゃない?

60: 投稿日:2016/05/14(土) 17:13:54.69 ID:eVYAHb6H0.n
>>50
好意的に解釈すれば、200回再現できたけど
>培養系の実験では、緩衝材の違いはもちろん、試薬のロット(製造日)差によっても結果が違ってくるというのは周知の事実ですし、
>シャーレのメーカーによっても結果に違いが出ることがあるほどです。
というようになんらかの理由で微妙な差が出てしまい、それに気がつかずに再現できなかったっと

61: 投稿日:2016/05/14(土) 17:13:58.59 ID:X2+7uzNV0.n
>>52
必死だな工作員

62: 投稿日:2016/05/14(土) 17:14:24.71 ID:hen7VyO80.n
>>58
この研究は鼻フックの捏造と微塵も関係ない
捏造虚言症の鼻フックが世間に謝るべき

63: 投稿日:2016/05/14(土) 17:14:26.02 ID:yaVV5OOx0.n
分子生物学会の大済ババアの記者会見、まだあ?

64: 投稿日:2016/05/14(土) 17:15:00.12 ID:4uz50g6p0.n
小保方論文は不完全だったが、方向性は合ってたて事だな。

65: 投稿日:2016/05/14(土) 17:15:07.75 ID:u2Fklzzg0.n
禿とTBSババァはひどいな

66: 投稿日:2016/05/14(土) 17:15:08.24 ID:NXsiW1YD0.n
胃癌はなぜ起きるのか。
胃を保護する胃壁から出る粘液の出が悪くなって、
胃液に胃壁晒されると、粘液が出なくなり、
胃壁が直接胃液に侵されるようになる。
それで胃壁のすぐ下の層にある胃壁を作るための
幹細胞が増殖して再生をしようとするが、その時
幹細胞になんらかの原因で変異が起きて居ると、
異常な細胞が混ざって癌の元になる組織が出来て
しまうのだろう。
その変異が起きる原因は、消化液の酸性環境なの
だろうか?それとも、細菌やウィルスによる感染
なのだろうか?

67: 投稿日:2016/05/14(土) 17:15:12.22 ID:kdlUEjKu0.n
小保方みたいな天才は、地道に理論武装する助手(笹井とかハゲとか)が守らないとね
山下清もジミー大西も取り巻き次第で障害者として埋もれてしまう

68: 投稿日:2016/05/14(土) 17:15:15.18 ID:3GdGgWNQ0.n
>>62
謝れや!!

69: 投稿日:2016/05/14(土) 17:15:27.35 ID:RBVmjzXo0.n
最も責任を問われるべきなのはマスコミだろ。

70: 投稿日:2016/05/14(土) 17:15:27.61 ID:/G8cl8Z10.n
科学分野でマスコミがもてはやしたり叩いたり
といったことがおかしい

71: 投稿日:2016/05/14(土) 17:15:39.73 ID:vAniHh7N0.n
東京大学大学院は修士論文4ページくらいでいいらしいから
小保方の論文の方が幾分かまし
コピペでも、自分で本の内容を書き直しても内容は同じ

73: 投稿日:2016/05/14(土) 17:16:06.55 ID:k1sLTE5z0.n
性早稲田大学は謝罪会見を開いて土下座すべき

74: 投稿日:2016/05/14(土) 17:16:07.14 ID:CtYRS9GK0.n
>>1
だから何回STAP細胞の生成に成功した!!って記事出せば気が済むんだよw 現物をさっさと発表して見ろやw

76: 投稿日:2016/05/14(土) 17:16:34.02 ID:M6YtiLdeO.n
現代のガリレオ・ガリレイ小保方先生、お前ら贖罪のために著書を買えよ

77: 投稿日:2016/05/14(土) 17:16:46.14 ID:8tS1IbWz0.n
小保方理論を参考にがん細胞に刺激を与えたら多様性示したよってだけで
別にSTAPが証明されたわけでも何でも無いじゃねえか

78: 投稿日:2016/05/14(土) 17:16:50.92 ID:4uz50g6p0.n
>>60
論文としては不完全過ぎたと言う事に差はないだろ。

79: 投稿日:2016/05/14(土) 17:16:52.32 ID:eVYAHb6H0.n
小保方をすぐに叩いた奴は雰囲気に流された馬鹿だし
小保方に謝れという奴も単純馬鹿
真実はもっと慎重に解き明かしていかないとね

引用元: ・【科学】独有力大学、STAP現象の確認に成功 責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる★4

まる くん
論文で実在を証明するわけじゃないよ、他の研究者によって再現されて存在が確認されるだけだ
山中教授のiPS細胞も他の研究者が再現するまでほとんど誰も信じていなかったww
なな さん
小保方氏のやり方では再現できなくても、やり方を変えることで再現できるかもしれないと感じたんだろうね
小保方氏の論文は少なからずヒントになったんだね!!
スポンサーリンク
ピックアップ記事
8888: ピックアップ 2008/08/08

シェアする

フォローする