三菱自救済は商事主導で軽自動車撤退へ 水島製作所の閉鎖も視野に

1: 投稿日:2016/05/09(月) 11:17:11.35 ID:CAP
http://diamond.jp/articles/-/90733
燃費データの改ざんなどの不正が発覚し、3度目の経営危機に陥った三菱自動車。国内受注が半減するなど世間の風当たりが厳しさを増している。
そんな中、鉄の結束を誇る三菱3社が水面下で救済に向けて動き始めた。(「週刊ダイヤモンド」編集部?浅島亮子)
三菱トップ4社会──。三菱商事出身の益子修・三菱自動車会長兼CEO(最高経営責任者)が再建請負人として三菱自社長に
就いた2005年から、10年以上にわたって続けられてきた会合がある。
この定例会では、三菱商事社長、三菱東京UFJ銀行頭取、三菱重工業社長の三菱グループ3社首脳に益子会長を加えた4人が
3カ月に1度のペースで顔をそろえる。益子会長(当初は社長)が三菱自の再建の進捗を報告する場として発足し、近年は三菱グループの情報交換の場も兼ねていた。
この定例会が存在すること自体が、三菱グループにとって三菱自の問題が永遠のテーマであることの証左だ」。ある三菱重工幹部はそう表現する。
4月20日、三菱自による燃費データの不正問題が発覚した。三菱3社の首脳が一堂に会する機会は連休明けに持ち越されたが、
水面下では、幹部クラスによる話し合いの場が持たれている。
三菱自の不正の全容解明はこれからだ。燃費審査に必要なデータを意図的に改ざんしたり、国が定める方法と異なる方法で燃費を測定したりしていた。
かねて、自動車業界では、カタログ燃費と実燃費との乖離が大き過ぎることが問題視されていた。燃料タンクを小さくしたり、
安全装備品を外したりして軽量化するなど、自動車メーカーはあの手この手で苛烈な燃費競争を乗り切ろうとしてきた。
今後、燃費の審査方法やその運用をめぐって、問題が他の自動車メーカーへ発展するリスクは否定できない。
とはいえ、三菱自による不正は、道路運送車両法を逸脱する違法行為に当たるとされている。三菱自は、2000年、
04年と2度にわたってリコール(回収・無償修理)隠しを行った前科2犯である。
「3度目の不正を世間も政治も行政も許してくれるはずはなく、益子会長、相川哲郎社長兼COO(最高執行責任者)ら経営上層部の
一掃は避けられない」(複数の三菱グループ幹部)情勢だ。
もしも不祥事が発覚しなかったならば──。6月の株主総会後も、益子会長-相川社長体制が維持されるはずだった。
同時にポスト現体制への布石も打たれていた。4月1日付で三菱商事から白地浩三氏を常務執行役員として迎え入れたのだ。
白地常務は、一貫して自動車事業に携わり、機械グループCEOにまで上り詰めた人物。韓国やインドネシアの赴任など、
益子会長を追うように職歴を重ねており、益子会長の“懐刀”として知られている。「益子会長がいずれ勇退しても、
相川社長をしっかりサポートできる」(三菱商事関係者)として、総会後に海外営業担当副社長へ昇格するとみられていた。
だが、目算は狂った。益子会長、相川社長の引責辞任が避けられない中、白地常務が次期社長候補として有力視されている。
事が事だけに、自浄作用が働かない生え抜きからの昇格は考えにくい。
過去2回の経営危機では、何としてもスリーダイヤを守るためと、鉄の結束で緊急支援に動いた三菱3社。だが、今回は彼らの支援姿勢に大きな温度差がある。
それを表面化させたのが、13年の優先株処理だった。積極的な姿勢を示したのが三菱商事である。
東南アジアで自動車販売事業を手掛けており、ビジネスのうまみと支援を天秤にかけた結果の判断だ。

2: 投稿日:2016/05/09(月) 11:17:17.08 ID:CAP

だが、残り2社の姿勢はどうも煮え切らない。三菱銀は「自分でリスクを取らない割には、処理後の議決権比率について、
3社で34%付近を維持することにこだわった」(三菱商事関係者)。
一方の三菱重工が一番ドライだ。「三菱自との取引額はせいぜい数百億円。
なぜ、ウチが三菱自を持分法連結会社にしなければならないのか」(三菱重工幹部)とつれない。
できるだけ速やかに足抜けしたいのだ。3社から三菱自への転籍・出向者数から見ても、温度差は歴然としている。

そもそも、今回の危機は三菱自の自爆が原因。04年のように、ダイムラー・クライスラー(当時)に支援を打ち切られたからグループで支えるべき、
といった大義名分がない。「向こう1年で三菱重工が足抜けする合意がなされつつあった」(三菱商事関係者)ことを踏まえれば、
基本的には、三菱商事を筆頭に、三菱銀がサブで支えるという救済態勢になりそうだ。
幾度も社会的悪事を働いた企業を救済することに異論はあろう。三菱グループだからという理由以外に救済する根拠があるとすれば、それは財務の健全性である。
確かに、16年3月期のネットキャッシュ(現預金から有利子負債を差し引いた手元資金)は4200億円。自己資本比率は48%と高く、すぐにつぶれるわけではない。
それでも、恐ろしいほどのスピードでブランド毀損が進んでいる。相川社長によれば「1日当たりの国内受注は半減」しており、
国内ユーザーの風当たりは強い。国内事業の機会損失、顧客や日産自動車への損害賠償費用など、業績への打撃は計り知れない。
皮肉にも、この不正発覚が国内事業の大リストラへ発展することが確実視されている。
年間販売台数が100万台そこそこの自動車メーカーが生き残るにはどうすべきなのか──。来年4月から始まる中期経営計画の策定に向けて、
三菱自経営陣は、議論を重ねてきたところだった。小粒ながら個性を発揮しているスズキ、マツダ、富士重工業などのライバル会社を徹底的に研究した。
そこで導き出された結論は、強みに経営資源を集中すること。強みとは、市場で言えば、タイやインドネシアなどの東南アジアマーケット。
車種で言えば、「アウトランダー」に代表されるSUVやプラグインハイブリッド車である。
三菱自は売上高の8割強を海外で稼いでおり、国内の営業赤字を海外で補填している状況だ。そして、赤字の元凶が、燃費偽装が発覚した軽自動車事業である。
そのため、不祥事が明るみに出る前から、「軽自動車事業からの撤退は既定路線となっていた」と複数の三菱自関係者が証言する。
27日の決算記者会見では、相川社長は「撤退は考えていない」と否定したものの、国内雇用やサプライヤーへ
の影響を考えてやりにくかった痛みを伴うリストラが、未曽有の経営危機に直面したことでむしろ進めやすくなった側面は否定できない。
また、中長期的な軽自動車規格の廃止をにらんで、自社生産の態度を決めかねていた日産だが、ここまで燃費偽装問題が大ごとになれば、
三菱自との提携解消に踏み切らざるを得ない。日産が自社生産に踏み切るのは時間の問題だ。
となれば、最終的には、軽自動車の主力工場である水島製作所の閉鎖も視野に入ってくる。
現時点では、三菱自とくみしてくれる自動車メーカーのパートナーを探すのは難しく、三菱商事の自動車事業の「メーカー担当」となる道しか残されていない。

3: 投稿日:2016/05/09(月) 11:23:12.33 ID:tWqmw3Po.ne
スバルみたいに軽から撤退するのか
ガソリン車の軽トラ&バンは既に撤退してるしな

4: 投稿日:2016/05/09(月) 11:24:00.29 ID:ru1S2fLp.ne
軽自動車撤退はありだろうなぁ。
日本市場撤退まで踏み込めるか?
自動車本社を海外に移すあたりまで考えて良いと思う。

5: 投稿日:2016/05/09(月) 11:24:08.62 ID:ky4og+Vr.ne
>>中長期的な軽自動車規格の廃止をにらんで
日産の軽自動車買う奴は馬鹿

6: 投稿日:2016/05/09(月) 11:25:48.56 ID:4E0j1+uZ.ne
水島の軽は閉鎖後、日産が買収でほぼ決まり。
岡崎は電気自動車特化かな?

7: 投稿日:2016/05/09(月) 11:28:25.28 ID:ru1S2fLp.ne
>>6
軽のためだけに日産が水島を買うというのはありえないと思う。
1ラインのために工場買うのはばかげてる。

8: 投稿日:2016/05/09(月) 11:29:44.47 ID:rz9PXdTC.ne
身売り以外にブランドを維持する方法ないんじゃないの?
グリルのエンブレムにスリーダイヤがついてる限り売れないよ

9: 投稿日:2016/05/09(月) 11:31:01.14 ID:5gwqAKay.ne
で、残るのが東南アジア製ミラージュに未だ次期モデルが完成しないЯVRと日産のOEM
アウトランダーしか利益出ねーじゃん…

10: 投稿日:2016/05/09(月) 11:31:12.86 ID:coUbLMkE.ne
軽自動車撤退は国内市場の放棄と同じだろ。

11: 投稿日:2016/05/09(月) 11:31:22.03 ID:16SiAGxP.ne
三菱商事も今までの利益吹っ飛ばして数年後は
危機状態になってるのに
債務超過になる三菱自動車を助けれるわけないだろ

12: 投稿日:2016/05/09(月) 11:33:14.65 ID:Owcs4FXo.ne
三菱自動車が閉鎖になるのか

13: 投稿日:2016/05/09(月) 11:34:22.91 ID:iZl0xTFq.ne
あれー?
前回の不祥事の時にこれが最後の挑戦ですって社長いってたよね?

14: 投稿日:2016/05/09(月) 11:35:32.93 ID:H6ufn3l+.ne
>三菱自
まあもともと
グループの2流社員の受け皿なんだろ。
商事なら売っぱらうのに障害はないなwww

15: 投稿日:2016/05/09(月) 11:35:47.28 ID:4E0j1+uZ.ne
>>7
軽は今から投資しても今後回収できそうにない。
下請けの開拓も大変だから、水島売却・買収構想は以前からずっとあったみたい。
前回の不祥事の時、閉鎖されそうになったのは水島ではなくて岡崎だった。
水島の方が工場としての資産価値は高いので、切り離しやすい。
いいタイミングだと思う。
不確定要素としては、外資がより高額で買収する可能性があること。
軽のような小型車での電気自動車の生産実績は高く評価されている。
その場合、アジアでの電気自動車開発拠点になりそう。

16: 投稿日:2016/05/09(月) 11:35:55.22 ID:iZl0xTFq.ne
過去2回「リコール隠し」
三菱自動車工業は、かつて「リコール隠し」が発覚し、12年前、「最後の挑戦」
だとして会社の再建に乗り出しました。

17: 投稿日:2016/05/09(月) 11:37:44.01 ID:iy+TUleY.ne
社長の爺さんのクビ切るまで
絶対に許さん

18: 投稿日:2016/05/09(月) 11:37:51.17 ID:HhciJaWB.ne
もはや軽自動車から撤退して済む問題じゃあない。
一番肝心な所をこのバカどもは忘れてる。
燃費が多少悪くたって消費者はそんなに気にしない。
要は嘘をついたという事が一番の問題なんだ。
だから普通車も売れなくなるぞ。

19: 投稿日:2016/05/09(月) 11:39:22.45 ID:hbFysOtr.ne
完成車はあきらめて エンジン専業
中国へ輸出か
エンジン部隊と完成車部隊がわかれるかも

20: 投稿日:2016/05/09(月) 11:40:16.44 ID:ONxuq+p8.ne
既存ユーザーへの補償の話がまったく無いな。
未だにメーカーからもディーラーからも何の通知も無いんだけど。

21: 投稿日:2016/05/09(月) 11:40:23.10 ID:tSTRMsZ2.ne
ユダヤ日産にハメられ、軽自動車部門乗っ取られててワロタ^^

22: 投稿日:2016/05/09(月) 11:41:49.53 ID:hbFysOtr.ne
三菱が中国に進出て
トヨタいじょうにありえんかんじ

23: 投稿日:2016/05/09(月) 11:45:50.03 ID:RcpEV1rW.ne
水島の閉鎖は地元では数年前から予想されていた。
予想より少し早くなっただけ。

24: 投稿日:2016/05/09(月) 11:49:27.65 ID:PvLI7kI9.ne
これは良い判断だ
軽みたいな走る棺桶は要らないからな
これからは燃費なんか気にしなくて良い車を作ればいい

25: 投稿日:2016/05/09(月) 11:50:31.61 ID:fNoDipuy.ne
三菱自 軽自動車撤退したい
日産自 軽自動車参入したい
再建を商社が主導

26: 投稿日:2016/05/09(月) 11:50:35.75 ID:ZZWsveHq.ne
>>1
おいおい、日本じゃ軽自動車以外ほとんど売れてないじゃん。
日本で販売網を維持できないよ

27: 投稿日:2016/05/09(月) 11:51:41.76 ID:it39nQCA.ne
もし水島工場を日産が「救済」という
大義名分で引き受けたら
日産のシナリオ通りになるのかね
三菱自の雇用は助けましたが。なにか?
ですまそうと思ってるのかな
同じ穴の◯のくせに

28: 投稿日:2016/05/09(月) 11:52:36.14 ID:oNJrm1wO.ne
軽を柱にする計画だったんだろ?
どうすんだよこれから

29: 投稿日:2016/05/09(月) 11:53:11.65 ID:5oCp+rq5.ne
本社も東京から追い出した方がええやろ
どうせろくなのおらんのやから

30: 投稿日:2016/05/09(月) 11:54:17.85 ID:zaievQFc.ne
岡山やばいな
水島製作所が閉鎖となると地盤沈下免れないな

31: 投稿日:2016/05/09(月) 11:54:23.94 ID:qhZ+iO44.ne
>>13
GDIの時も言っていた

32: 投稿日:2016/05/09(月) 11:55:24.70 ID:it39nQCA.ne
マツダが水島製作所を引き継げばいい

33: 投稿日:2016/05/09(月) 11:55:55.29 ID:Nk6UI9h7.ne
FUSOが主軸になるんでしょ

34: 投稿日:2016/05/09(月) 11:57:03.89 ID:EUTKGTCP.ne
軽自動車撤退は良い
ついでにダイハツとスズキも軽自動車撤退して
ホンダは潰れれば良い

35: 投稿日:2016/05/09(月) 11:57:20.14 ID:czPmjnaV.ne
素直に日産に売却しかないんじゃないの?
日産にも責任の一端はあるだろうし、デリカとパジェロのブランドは日産にも利益になるだろう。

36: 投稿日:2016/05/09(月) 11:57:25.44 ID:EfvBBt6c.ne
すでに普通車でもごにょごにょしてそう

37: 投稿日:2016/05/09(月) 11:59:40.73 ID:upb3Zace.ne
三菱の軽しか乗らない者だが、撤退とか絶対やめてほしいよ。
ここはイメージの割には結構いい車作ってるんだよな。とにかく撤退反対!

38: 投稿日:2016/05/09(月) 12:00:11.45 ID:Wz6xgPwF.ne
軽撤退はいいけど、PHEV特化はどうなんだろ。
欧州勢に一気に追い抜かれそうな気がする。

39: 投稿日:2016/05/09(月) 12:01:05.82 ID:5oCp+rq5.ne
>>35
そこらへんは岐阜(とスズキ)で作ってるから

40: 投稿日:2016/05/09(月) 12:01:28.22 ID:rIEN5mYs.ne
てか
日産の軽は三菱製で日産と三菱の軽のシェアは
日産参入前の三菱のシェアと大差ないから
今も国内売り上げの主力が軽なのに
撤退したらもはや日本企業である必要すらないわけだが

41: 投稿日:2016/05/09(月) 12:02:40.85 ID:1LWdUEUP.ne
うへぇせいぜい数百億かぁ。さすがボンボンの発想だなぁ。

42: 投稿日:2016/05/09(月) 12:03:45.99 ID:iZl0xTFq.ne
三菱自動車の廃業を一番望んでいるのは三菱グループの社員だと思う。
好きな車に乗れるようになる。

43: 投稿日:2016/05/09(月) 12:04:20.91 ID:tCWO4dIp.ne
日産が買収したとしても安泰ではない。
電気自動車と自動運転車の普及で、これから自動車産業は大転換期を迎える。
自動車会社がここまで寡占産業化できたのは、内燃機関が容易にコピーできないから。
そして、各部品の擦り合わせに職人技が必要とされてきたから。
内燃機関はコピーや外部調達が容易なモーターに置きかわり、擦り合わせはOSが重要となる。
安くて馬力があり、航続距離も年々伸びる。
自動運転だと自動車を所有する必要もない。
5年早い危機が三菱に訪れた訳だが、ここで事業転換できなければ、どの道自動車会社としては終わる。
国内の自動車メーカーで生き残れるのは、最大でも3社。

44: 投稿日:2016/05/09(月) 12:04:22.54 ID:it39nQCA.ne
スバルのアイサイトと
三菱自のPHEV技術
相性がめちゃくちゃ良さそうなんだよね
富士重子と三菱爺
技術提携しないかな

45: 投稿日:2016/05/09(月) 12:04:33.44 ID:hhNDaZOg.ne
もう救済しない方がいい
またやるんだから

46: 投稿日:2016/05/09(月) 12:05:09.64 ID:pzO97oEE.ne
この反社会的な企業はなんの反省もしていないな。三菱グループの徹底した不買運動だな

47: 投稿日:2016/05/09(月) 12:06:58.81 ID:luiQr0Gs.ne
ヒョンデが救済してくれます

48: 投稿日:2016/05/09(月) 12:07:13.03 ID:czPmjnaV.ne
>>43
どこが買収しても支援しても安泰じゃないだろうけれど、
とりあえず今は危篤なんだし少しでも増しになるなら良いんじゃないの。

49: 投稿日:2016/05/09(月) 12:07:28.14 ID:wnKAHK3u.ne
総社市、倉敷市終了のお知らせか

50: 投稿日:2016/05/09(月) 12:09:29.44 ID:6skXw/R+.ne
もうランエボも無いし、またやりそうだから全部撤退でもいいんだけどな~

51: 投稿日:2016/05/09(月) 12:10:22.32 ID:Lg5/1MIQ.ne
国内撤退とか高材料でしかないだろ
赤字な上縮小していくのが目に見えてるんだから

52: 投稿日:2016/05/09(月) 12:11:56.43 ID:CJhiLxLL.ne
>>44
それなら北関東に来るといい
この辺はスバルだけでなく日産、ホンダ、いすゞ、日野の主要工場があり下請けも連携しているから強いぞ

53: 投稿日:2016/05/09(月) 12:12:52.17 ID:it39nQCA.ne
>>43
>内燃機関はコピーや外部調達が容易なモーターに置きかわり、擦り合わせはOSが重要となる。
OSの何が重要なの?

54: 投稿日:2016/05/09(月) 12:13:06.78 ID:LCEQwr7f.ne
この件で感じたのは世間の想像以上の三菱アレルギーだなあ
なにか態度が悪いとかでSHARPみたいに恨みかってるのかなあ

55: 投稿日:2016/05/09(月) 12:13:49.48 ID:tCWO4dIp.ne
>>48
実際問題としては、日産が引き受けるのが自然だと思うし、そうなる可能性が高い。
しかし、下請けも含めて、内燃機関はもうすぐ終わるという意識を持たないと、5年以内に突然死が相次ぐことになる。
電気自動車はあまり雇用を生まないどころか、自動運転は自動車販売を10年以内に2/3にする。

56: 投稿日:2016/05/09(月) 12:14:27.69 ID:vAnqPa5b.ne
なんだよこの記事は、三菱の提灯持ちか
三菱自工が残存することを前提にしてるが、世間はこんなメーカーいらないんだよ
リコール問題のときからずっと騙してたんだろ
さっさと三菱重工の四輪部門にするか、商事が責任とって吸収しろよ

57: 投稿日:2016/05/09(月) 12:15:10.45 ID:ViPz2yy4.ne
>>18
そうそう、そこなんだよね。
軽を切り離して万々歳?
アホかと。

58: 投稿日:2016/05/09(月) 12:16:16.74 ID:Il9YZru9.ne
もう軽はスズキの専売でいいじゃないか?

59: 投稿日:2016/05/09(月) 12:16:27.63 ID:Wz6xgPwF.ne
四駆性能はスバルと競ってたはずなのに、その辺は強みとはかんがえてないのかな?

60: 投稿日:2016/05/09(月) 12:17:09.07 ID:zAiY0JqB.ne
自動車の生産ラインがほしいところ、テスラあたりが水島製作所を買収するのじゃないかな。

61: 投稿日:2016/05/09(月) 12:17:32.29 ID:it39nQCA.ne
二次電池のブレイクスルーがなければ
内燃機関の終りは2030年頃なのに
内燃機関がもうすぐって…

62: 投稿日:2016/05/09(月) 12:17:59.22 ID:tCWO4dIp.ne
>>53
世界中のメーカーから調達した継接ぎの部品を、ソフトで統合・制御してきちんと走らせること。
パソコンやスマホのOSみたいなもの。
自動運転車はOSの塊みたいなもの。
AndroidやiOSのように、ハードは主役では無くなる。

63: 投稿日:2016/05/09(月) 12:22:11.37 ID:SUnWMg5x.ne
UFJを三菱銀と言われるのは我慢ならん
俺のメインバンクは三和銀行だ!
大体、その前は東京三菱銀だったのに
何いつの間に三菱東京UFJとか順序逆に
なってんだよ?

64: 投稿日:2016/05/09(月) 12:23:12.58 ID:VRFeL3QC.ne
利益を生んでない日本市場から撤退したほうがいいんじゃね

65: 投稿日:2016/05/09(月) 12:25:55.30 ID:5oCp+rq5.ne
>>63
そのUFJと合併した時に、ですが何か

66: 投稿日:2016/05/09(月) 12:26:03.88 ID:vAnqPa5b.ne
国や顧客をこれだけ長期間に渡って嘘をついて騙してきたんだ
それもリコール隠し問題のときにも明らかにしなかった
この企業に社会的な存在理由はないんだよ、社会的信用性ないものは消えゆくのみ

67: 投稿日:2016/05/09(月) 12:27:18.19 ID:it39nQCA.ne
>>62
高精度地図情報のロジック、規格から
自動運転に向けて
現段階の先進運転支援システムに高精度地図情報の運用だけで可能みたいだけど
「静的、動的」情報をリアルタイムで更新する恐ろしいシステム
グーグルのしていることが玩具みたいなんだよね…

68: 投稿日:2016/05/09(月) 12:27:57.42 ID:KLvnSrXB.ne
日産は、軽規格廃止グループに入ってトヨタと連携するだけだろう。
3年後には軽規格は商用4ナンバーだけになってて乗用軽はなくなってるよ。
工場集約を進めてガンガン撤収しているのに水島に拠点をふやすなんて
まずあり得ない。ましてや必要なのが燃費ねつ造軽の1ラインだけとか。

引用元: ・【自動車】三菱自救済は商事主導で軽自動車撤退へ 水島製作所の閉鎖も視野に

まる くん
軽自動車撤退はありだろうなぁ
日本市場撤退まで踏み込めるか
自動車本社を海外に移すあたりまで考えて良いと思うww 
なな さん
三菱商事も今までの利益吹っ飛ばして数年後は
危機状態になってるのに
債務超過になる三菱自動車を助けれるわけないよ!!
スポンサーリンク
ピックアップ記事
8888: ピックアップ 2008/08/08

シェアする

フォローする