GPIF 「羽があったら空を飛べたのに」 無いものねだりの戯言 

1: 2016/02/09(火) 10:48:04.47 ID:CAP_USER.net
GPIFは「市場デリバティブが使えたら損失を回避できた」などという発言は、「羽があったら空を飛べたのに」というのと同様、無いものねだりの戯言でしかない。

2月8日付の日経新聞記事。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は
「市場デリバティブが使えたら損失を回避できた」などという発言は、
「羽があったら空を飛べたのに」というのと同様、無いものねだりの戯言でしかない。

プロフィール:近藤駿介(こんどうしゅんすけ)
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験。評論活動の傍ら国会議員政策顧問などを歴任。
教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚を伝えるメルマガ『近藤駿介~金融市場を通して見える世界』
がまぐまぐ大賞2015メディア賞を受賞。

公的年金(GPIF)の資産運用能力と日経新聞報道に疑問符

いったい何が「壁」なのか意味が分からない
今のGPIFは円高で運用資産に損失が出ないように為替ヘッジ(差損回避)をしようとしても、市場参加者の多い
市場デリバティブが使えない規制の「壁」がある。店頭デリバティブは使えるものの、
相対取引なのでGPIFの投資行動が市場に伝わりやすく、為替相場に影響を及ぼす可能性がある。
出典:GPIF、損失回避に規制の壁 ? 日本経済新聞(2016年2月8日)

市場参加者の多い市場デリバティブが使えない規制の「壁」…?
為替のデリバティブ取引は、「市場デリバティブ」に比較して圧倒的に「店頭デリバティブ」の方が多い。
しかも、GPIFはインハウス運用のなかで、為替の「先物」「オプション」の店頭取引は許されている。こうした状況で何が「壁」だというのだろうか。

市場規模の大きい「店頭デリバティブ」ができる体制がありながらそれを利用することもなく
「価格変動リスクを避けるデリバティブが使えれば、損失を少なくできたという思いが強い」というのは意味が分からないし、
もともとそれを使いこなす能力を備えていないと批判されても仕方がないこと。

「羽があったら空を飛べたのに」
「GPIFの投資行動が市場に伝わりやすく」というが、それは市場取引だろうが店頭取引だろうが同じこと。
世界最大の機関投資家なのだから、本当にヘッジするつもりがあるならばその取引量も世界最大になる。
GPIF以上の規模で取引する投資家が少ない以上、投資行動が市場に伝わるのは覚悟しなければならないことでしかない。
また、GPIFが円高をヘッジする投資行動に出れば、実際にGPIFがドルを売ることがなくても
、誰かがGPIFの代わりに市場でドルを売ることになるというのが市場の基本的構図。
要するに、世界最大の機関投資家は、機動的なヘッジで損失を回避するのは難しいという宿命を負っているわけで、
「市場デリバティブが使えたら損失を回避できた」などという発言は、「羽があったら空を飛べたのに」というのと同様、
無いものねだりの戯言でしかない。

GPIFの基本ポートフォリオを決定する有識者達が、資産運用の経験がなく、GPIFがこうした宿命を負っていること
を認識できる「現実の知識と経験を持っていない」という、現実の知識と経験の「壁」が存在していることこそがGPIFの最大の問題だといえる。

26: 2016/02/09(火) 12:45:46.85 ID:vXsQIYi1.net
>>1
安倍、黒田、GPIF理事長には飛んでほしいわ。
あと、間抜けなリフレを連呼してた連中もな。

7: 2016/02/09(火) 10:59:24.53 ID:ixdgua75.net
>>2
フルで聴いちゃったよ
ええ歌や
でもこっちの方が合ってるんちゃうか
ttps://youtu.be/RYDFYuw-5pY

4: 2016/02/09(火) 10:53:48.78 ID:QhLcjAZ4.net
ピンチを耐えれば必ずチャンスがやってくると信じて

5: 2016/02/09(火) 10:53:48.95 ID:XkbhFuXJ.net
要するに失敗したんだろ。なにやってんだよ

8: 2016/02/09(火) 10:59:41.97 ID:6t+yL4DE.net
 外国ファンドのいい餌食。
経済音痴の安部がただでさえ枯渇する年金資金をいっきょにどぶの中に。

9: 2016/02/09(火) 11:04:55.80 ID:0IqfpmHf.net
羽があるかどうかは知らないけど、
空を飛べると信じれば飛べるって日銀総裁が言うてた。

25: 2016/02/09(火) 12:22:37.82 ID:bCeSTjLL.net
>>9
それ、破産した人がビルの屋上から「I can fly!」ってジャンプするのと同じ意味じゃ…?

10: 2016/02/09(火) 11:05:07.15 ID:uKbWMW/A.net
GPIFにファンドマネージャーって意味ないよね。市場平均のインデックスを買ってればいいだけで
プログラム売買だけしてればいい。

11: 2016/02/09(火) 11:06:06.49 ID:/Bz+I6no.net
×運用に失敗
○計画的かつ確信的に資金を流出

12: 2016/02/09(火) 11:08:49.47 ID:GMDJGPVK.net
外資金融のカモになるのは分かっていたことだろ?

13: 2016/02/09(火) 11:10:18.93 ID:IETQ8b1F.net
信じれば翼が生えるだろ。

14: 2016/02/09(火) 11:19:20.19 ID:WUw/dmo+.net
深刻な顔するほどの損失でもでたのか(。´・ω・)?

15: 2016/02/09(火) 11:19:21.64 ID:dpE4dtEZ.net
羽があったら手羽先になっとったわ

16: 2016/02/09(火) 11:19:44.28 ID:cCIwBANi.net
チャンスには前髪しか無い

18: 2016/02/09(火) 11:25:35.83 ID:Tt6Qhj56.net
確か2万円で大量に買ってるんだよな
どうすんだよw

19: 2016/02/09(火) 11:30:14.07 ID:OdSmdnv7.net
いくら損させてもGPIF理事長の年棒は3100万円

20: 2016/02/09(火) 11:32:58.40 ID:TbUSPjUd.net
羽があったら羽があるのを前提に対策されるから同じ

22: 2016/02/09(火) 11:37:33.44 ID:7Lc0xcyP.net
日経新聞は、日銀のマイナス金利導入決定を事前に知ってて
電子版の更新をフライングしたそうだけど、社内調査したほうがええよ

24: 2016/02/09(火) 12:06:20.91 ID:IQ6bxPoz.net
日本には「空売り」の概念がないって本当だったんだな

27: 2016/02/09(火) 12:58:01.50 ID:a5mUIE4G.net

株,そして国債で年金の運用ができない、日本一のねずみ講の破たんが近い。マイナス金利の勝ち。

皆さん自分で老後資金を用意しましょう。毎日100円でも節約を。硬貨で貯金箱に。日本銀行券は危険。

30: 2016/02/09(火) 14:12:50.89 ID:fFRr/TT0.net
>>27
硬貨なんて役に立つわけないだろ
わけのわからんこと言うな

31: 2016/02/09(火) 15:07:34.93 ID:0irMhxHn.net
>>30
それは違います
預金封鎖されると、高額紙幣は受け取って貰えません
100円とか~500円が喜ばれマシタ

32: 2016/02/09(火) 15:54:34.76 ID:fFRr/TT0.net
>>31
紙幣も硬貨も受け取り拒否だよ
煙草なんかが通貨代わりになることが多い
軽いし偽造が難しいし決済手段として価値がなくなったら吸う

28: 2016/02/09(火) 13:10:28.42 ID:mrCECU29.net
この批判は的外れ
なぜならGPIFは年金を使って株価維持するのが使命なのだから

29: 2016/02/09(火) 14:12:43.77 ID:a5mUIE4G.net

藤原直哉 ‏@naoyafujiwara · 50 分50 分前
日本国債を全部売って円のキャッシュに戻すべし。それがいま損の拡大を防ぐ最も確実な方法。

黒田マイナス金利、国債90兆円保有のゆうちょ銀直撃、運用改革急務に

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O21U9R6S972L01.html

33: 2016/02/09(火) 18:52:02.24 ID:q9pTaEdP.net
運用センスを度外視して、リスクとってさらにリスクヘッジしろなんて薦めるのは、せっせと手数料を貢げって言ってるのと同じ。

引用元: ・【年金】「羽があったら空を飛べたのに」 GPIFのあまりにも幼稚すぎる言い訳

まる くん
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の
内情が明らかにされました
現実の知識と経験を持っていないという
現実の知識と経験の「壁」が存在しているww 
なな さん
GPIFの最大の問題だと指摘されています
何故そのような有識者達を誰が選んだのですか
責任の所在はどうなっているのだ!! 

 

スポンサーリンク
ピックアップ記事
8888: ピックアップ 2008/08/08

シェアする

フォローする